受講生の声Voice

※掲載情報はインタビュー当時の内容です。

不動産長者グランプリ2022 特別PROFIT賞
不動産投資スクール2019年

独学では得られない「伸びしろ」を手に入れ、年間家賃収入1,800万円の大家に

もりちゃんさん 会社員/神奈川県

『ファイナンシャルアカデミー 不動産長者グランプリ』とは、『不動産投資スクール』『不動産投資スクールの各種ゼミ』『IZUMI塾』の現役受講生・卒業生を対象とした大きな成果を上げた方を表彰するコンテストです。

受講後の変化

Before
独学で得る知識に限界を感じる
After
年間家賃収入1,800万円達成

その他の受講履歴

IZUMI塾(2020年)

history

  • 2018年12月

    会社員をしながら独学で不動産投資の勉強をスタート

    サラリーマンとして働く傍ら「お金を作り出す仕組みづくり」に関心があり、不動産投資の勉強をスタート。本を何十冊も読み進める

  • 2019年3月

    1棟目のアパート購入。しかし現状に不安を感じる

    1棟目を購入したものの独学で得た知識が十分かわからず、今後投資を続けていくにあたって失敗しないかどうか不安を感じ始める

  • 2019年5月

    ファイナンシャルアカデミーに入学。基礎を学び直す

    知識を網羅的に学べると感じ、入学を決意。基礎をもれなく学びながら、現役の投資家である講師たちの体験談なども参考にしていく

  • 2019年9月

    受講生限定コミュニティLetus(レタス)に入会

    投資仲間をつくるために入会。講師から直接アドバイスをもらったり、不動産投資仲間と物件の見学会をするなど積極的に活用

  • 2019年9月

    授業での「宿題」通りに行動し2棟目のアパート購入

    授業の「宿題」に従い2棟目の取得に成功。体系的な知識を得たことで、1棟目の時は理解が不十分なまま行動していたことに気づく

  • 2019年12月

    新たな挑戦「土地から新築チャレンジ」をスタート

    土地を購入し、新築不動産投資にチャレンジ。高利回り物件が手に入ることと、0から作り上げていくクリエイティブさに心が躍る

  • 2020年2月

    投資仲間を増やすために不動産投資ブログをスタート

    「情報発信するところに情報が集まってくるのでは」と思いブログをスタート。毎日コツコツと発信を続け、投資仲間もできるように

  • 2020年9月

    3棟目のアパート購入。授業での学びが自信となる

    良い融資条件で買えそうな新築アパートの情報をゲット。ファイナンシャルアカデミーでの学びが自信となり、売買契約する

  • 2021年5月

    2クール目を受講しファイナンシャルアカデミー卒業

    卒業前に2クール目の授業を受ける。1クール目の学びの成熟とともに、講師の最新の経験談や情報も加わることで新たな発見も

  • 2021年8月

    チャンス到来!4棟目のアパート用地売買契約を締結

    「土地から新築チャレンジ」に進展。良い土地の情報をキャッチしたので急転直下で売買契約を締結。目標の実現へと舵を進める

  • 2022年7月

    4棟目がアパート竣工。「新築チャレンジ」達成!

    2019年からの挑戦がカタチに!今の時世では滅多にない高利回りを実現。税引き後キャッシュフローは600万円ほどの見込み

  • 今後

    目標は7棟所有!不動産投資を拡大しつつ次の挑戦へ

    まだまだ発展途上!今後はさらに所有物件を増やし、不動産投資に関連した新たな「お金を生み出す仕組みづくり」にも挑戦したい

story

ファイナンシャルアカデミーに出会うまで

実家が自営業だったため、ずっと「起業」や「お金を作り出す仕組みづくり」に関心を持っていました。就職では無難にサラリーマンの道を選んだものの、出世したり繁忙期を必死に乗り越えても、給料はそんなにあがらず仕事だけが増える……そんな日々に疑問を感じ、なにかサラリーマンをしながらお金を生み出せないかと常に考えていました。
そのときにふと、不動産投資の本を手に取ったんです。当時は本当に軽い気持ちでしか見ていませんでしたが、不動産投資の「サラリーマンをしながらアウトソーシングで収入を得られる」というメリットに惹かれ、本を手に取った数年後には不動産投資をはじめることを決めました。
最初は独学で勉強を進め、なんとか1棟目のアパートを取得するところまではできました。ただ今後2棟目、3棟目と所有物件を広げていきたいと考えたときに、これまでの本やネットで得た断片的な知識に頼るのはどことなく不安がありました。

ファイナンシャルアカデミーとの出会い

不動産投資に関するネットのコラムを見ていたところ、たまたまファイナンシャルアカデミーの受講生が書いたと思われる記事が目に止まりました。そこにはファイナンシャルアカデミーで出会った投資仲間と切磋琢磨しながら取り組む様子が綴られていて、純粋に「いいな」と思いました。独学に少し寂しさを感じていたのかもしれません。この記事のように、投資仲間と一緒にやっていけたら楽しいだろうなと感じていました。
またこれから物件を買い進めていくにあたり、系統だてた勉強の必要性も感じていました。ネットや本で得る断片的な知識・情報ではなく、いわゆる学校の教科書のように、基礎から入って知っておくべき事を一通り学ぶ……といった形で、もれなく不動産投資を勉強したかったんです。
ファイナンシャルアカデミーなら「投資仲間づくり」も「系統だてた勉強」も叶うと思ったので入学を決めました。また独立したスクールでどこの販売業者とも繋がっていない、ニュートラルな組織だということも安心感がありました。

ファイナンシャルアカデミーと出会ってから

オンラインと教室受講の2つで勉強を進め、教室には2週間に一度、週末に通いました。独学でそれなりに勉強してきた身の私でも、授業ではいろいろな発見がありました。特に現役の不動産投資家である講師が、体験談や物件探しの目線など経験者としてのアドバイスをくれるのはとても有り難かったです。
また投資に対する考え方やマインド、習慣づけといった部分も非常に勉強になりましたね。「せんみつ」という言葉が印象に残っていますが、改めて不動産投資は地道にやって成功を掴んでいくものだという心構えができて良かったです。
2棟目のアパートの購入は、まさに授業での学びが活きていました。授業ごとに出る「宿題」を素直に実践していたら、そのまま2棟目の物件を買うことができたんです。物件を探す宿題の最中に良い物件を見つけ、「明日この物件の契約をするぞ!」というタイミングで、ちょうど授業も契約に関する範囲だったり……本当に宿題と授業内容と実際の行動が全てドンピシャでした。そのなかで気づいたのですが、独学で1棟目を買った時は正直「押さえておくべき事」の全てを完全に押さえきれていなかったなと。当時は本を参考に動いてましたが、網羅されていない部分もあったのでしょうね。でも2棟目ではしっかりと学びを固められて進めていけたので、今後の自信にもなったと思います。

不動産長者になれた理由

基礎を重んじて、しっかり学んだことだと思います。
不動産投資をやっている人と会う機会はよくありますが、ほとんどの人が特定の人にしか有効でないテクニックを信じていたり、ファイナンシャルアカデミーで1日目で学ぶ基本的な内容ですら理解していない人もいて、そういう方と出会う度に「ちゃんと勉強されたら、もっと良い形になるのに……」ともったいなく思っていました。実際に偏った知識しか習得していない人は、1棟目をいつまでも買えなかったり、買い進められていない人も多い印象です。
基礎があやふやのまま不動産投資と付き合うのではなく、ちゃんと学んでいく姿勢があれば結果はついてくると思いますし、基本があった上で自分の独創性も生きてくれば、今のような物件を増やすのが難しい時代でも武器にもなると思います。

今後目指していく未来

ずっと関心を持ち続けてきた「お金を作り出す仕組みづくり」をさらに広げていきたいと思います。まずは、不動産投資をもっと拡大していくことですね。ちょうど今4棟目のアパートが近日建築予定なんですが、それをあわせると家賃収入が2,500万円くらいになりますが、もうあと3棟くらい……最終的に7棟くらいは欲しいなと考えています。そしてもう一つは、不動産投資以外の「お金を作り出す仕組みづくり」もやりたいなと。例えば、不動産投資に関係する事業とかにもチャレンジしてみたいです。自分の興味関心と素直に向き合いながら、仮にサラリーマンを辞めても問題ないくらいの金銭的地盤を作れたらと思います。
ライフスタイルの面では、第二の人生じゃないですけど、好きなところに住んでみたい気持ちはあります。沖縄とか、静岡の綺麗な海が見えるところとか……自分の力で生み出したお金で心地よい暮らしを作っていけたら理想ですね。

あなたにとってお金とは?

生きていくうえでの血液

不動産投資スクールについて見る

PICK UP

受講生の声一覧

<新型コロナウイルス感染症に関する対応について>

2021年6月22日追記

当校では、受講生および講師・スタッフの安全・安心を最優先に考え、政府・東京都の最新の方針に則り、教室定員を緩和し、感染予防・拡大防止策を十分に講じた上で教室での講座を開催・運営しております。

取り組みの詳細についてはこちらをご確認ください。

株式会社FinancialAcademy
代表取締役 泉 正人

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

ページトップに戻る