メニューボタン
マイページ

お電話でのお問い合わせ 10時〜19時 0120-104-384

お問い合わせ カートを見る

東京・大阪・ニューヨークで運営するお金の学校です。年前に創立し、これまで延べ万人の受講生が、家計管理から経済新聞の読み方、正しい資産運用などお金の教養を2年かけて学ぶコースを中心に受講しています。

お金の教養講座

年間3万人以上が受講する当校の定番講座。お金の貯め方から効果的な家計管理など、日々のお金の悩みから解放されるためのエッセンスを短時間で効率よく学べます。

お金があると幸せというより、『幸せになれる選択肢が増える』

  • 経済的不安から解放されて、ふたりの理想を叶えることができました。30代夫婦
  • お金の教養が高まり、付き合う人の層も変化しました。30代男性
  • もう一本のロープができて心に余裕が生まれました。40代男性
  • マネーを学んで、お金の管理が楽しくなりました。20代女性

ホーム > 受講生の声 > 田嶋祐介さん・南エリナさん ご夫妻

受講生の声

不動産投資スクール2009年

経済的不安から解放されて、ふたりの理想を叶えることができました。

田嶋祐介さん・南エリナさん ご夫妻

自営業
story hightlights
  • 実は、同じファイナンシャルアカデミーのスクールに通っていたことがきっかけで結婚に至ったという田嶋さんご夫妻。
    投資により経済面が安定したことで、仕事も家庭もそれぞれの理想を追求できるようになりました。

history

story

生活の安定を求めてスクール受講を開始

― 会社からの給与以外にも安定した収入源を持ちたい
私が授業を受けたのは、本を読んで投資の世界を知ったのが始まりです。将来年金がもらえるかも分からないし、会社のお給料以外にも安定した収入源を持ちたくて、投資のことをしっかり学びたいと思ったのです。そこで出会ったのがファイナンシャルアカデミーでした。(エリナ)

― 授業がふたりを結びつけるきっかけに
束田先生が講師を務めた『不動産投資スクール』の体験学習会に参加して、この人に教えてもらいたいと思い、『不動産投資スクール』の受講を決めました。主人とはもともと同じ会社に勤めていたのですが、驚いたことに同じ授業を受けていたのです。「一緒に物件を見にいこう」というところから距離が縮まり、結婚に至りました。(エリナ)

 

5軒の収益物件を所有し、本当にやりたいことにシフトした生活へ

― 本当にやりたいことに集中する
「生計は不労所得で立て、自分は本当にやりたいことに集中する」という生活にシフトしています。主人は学生時代から「音楽で仕事をする」ことが目標だったのですが、それだけでは食べていけないため、IT系の一般企業に就職しました。その後、作家事務所と契約し作曲家になりましたが、そのまま会社員も続けており、二足のわらじ状態。しかし、人生の時間の大半を会社のために費やす生活に疑問を感じ、印税を元手に不動産投資を始めたそうです。(エリナ)

― 経済面が安定したことで会社員を引退
私は結婚前に「収益マイホーム※」を建て、1人暮らしをしていたのですが、自分の住居費を家賃収入から支払えることの素晴らしさを強く感じることができました。結婚を機に私が住んでいた部屋も賃貸に出し、現在は主人と合わせて5棟の収益物件を所有しています。キャッシュフローが支出を上回るようになったため、二人そろって会社員を引退。私は以前から興味のあったウェブサイト運営を始め、主人は作曲活動に専念し、主人共々複数の収入源作りに励んでいます。また、今までは経済面での不安もあり、子供がほしいとは思わなかったのですが、今は子供に恵まれた幸せな家庭を持ちたいと思っています。(エリナ)

※収益マイホーム:収益マイホームとは、マイホームのいち部を他人に貸すことで、継続的な家賃収入を得る方法のこと

<お金の教養STAGE>の変化

1.考え方
STAGE 1 STAGE 4
2.貯め方
STAGE 3 STAGE 3
3.使い方
STAGE 2 STAGE 3
4.稼ぎ方
STAGE 1 STAGE 4
5.増やし方
STAGE 2 STAGE 4
6.維持管理
STAGE 2 STAGE 4
7.社会還元
STAGE 1 STAGE 4

年収を上げたいと思って転職を繰り返していたエリナさんは、「貯金が全て。投資は危険」という偏った考えもなくなり、「失敗してもいいからやってみよう」と不動産投資を楽しむことができるようになりました。現在は5棟の収益物件を所有しています。

BEFORE / 年金や会社に対する将来の不安があった

AFTER / 収益物件を得て会社員を引退し、興味を追求

不動産投資スクールについて見る

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

問合せ前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問合せはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申込み/講座内容や受講に関して

    0120-104-384受付:10-19時[月-土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル

    0120-104-749受付:9-21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問合せ

    0120-104-749受付:10-19時[月-土]
ページトップに戻る