受講生の声Voice

※掲載情報はインタビュー当時の内容です。

不動産長者グランプリ2022 特別PROFIT賞
IZUMI塾2020年

IZUMI塾での学びを再現し、所有資産5億円の「専業大家」へとランクアップ

T・Yさん 専業大家/大阪府

『ファイナンシャルアカデミー 不動産長者グランプリ』とは、『不動産投資スクール』『不動産投資スクールの各種ゼミ』『IZUMI塾』の現役受講生・卒業生を対象とした大きな成果を上げた方を表彰するコンテストです。

受講後の変化

Before
独学で得る知識に限界を感じる
After
所有資産5億円に到達し専業大家に

history

  • 2008年9月

    祖父からガレージ倉庫を引き継ぎ不動産投資スタート

    昭和47年から祖父が経営していた築古のアパートをガレージ倉庫に建替え、経営を引き継ぐことに。不動産投資の第一歩を踏み出す

  • 2010年頃

    知識をつけるために不動産投資の本を大量に読む

    本屋に置いてあるありったけの不動産投資の本を読む。100冊ほど読んだ時点で、得られる知識の範囲に限界を感じるように

  • 2016年3月

    1棟目となる築20年の木造アパートを購入

    1棟目となる物件を購入。物件のステータスに不満はないものの、独学で得た知識をもとに行動していたため不安と隣り合わせだった

  • 2016年12月

    「大家の会」や不動産投資セミナーに参加し始める

    現役の大家たちが集まる「大家の会」に加入。高い費用を払ってセミナーなどに参加するも、満足のいく成果が得られない場面も

  • 2017年8月

    本業の福祉の仕事を、常勤から非常勤へとチェンジ

    不動産投資に注力するため、2010年からやっていた福祉の仕事を常勤から非常勤に変更。週3日の勤務以外は不動産投資の時間に

  • 2020年9月

    IZUMI塾の受講スタート。求めていた学びを得る

    メガ大家を多数輩出する伝説のセミナーと知り受講を決意。これまでとは違う体系的な知識や再現性のあるテクニックが血肉となる

  • 2021年8月

    受講から約1年経過。銀行とのやりとりに変化が

    受講から約1年が経ち、知識やテクニックが蓄積してくる。銀行とのやりとりでは必ずIZUMI塾の教えを意識し交渉に挑むように

  • 2022年1月

    非常勤の福祉の仕事を辞め、不動産賃貸業専業になる

    IZUMI塾での学びを再現したことで成果も右肩上がりに。不動産投資の収入だけで生活できる目処が立ったため、専業大家の道へ

  • 2022年2月

    昨年から着手していた物件が完成。早々に満室となる

    2021年7月に土地から着手していた物件が完成。翌月3月には学生専用のマンションとして募集をスタートし、満室を達成する

  • 2022年5月

    IZUMI塾受講後に購入した物件の数が4棟に到達

    IZUMI塾での学びをバネに4棟目の物件購入に成功。銀行との交渉や法人化をより有利に進める手法を知り、着実に規模を拡大

  • 2022年5月

    IZUMI塾のカリキュラム全84回を受講完了

    全84回の受講を終え、達成感!受講料以上のリターンも回収。不動産投資家としての揺るがない自信を纏い、次のステップへ

  • 今後

    「5年で10億の物件購入」を目指して規模を拡大

    目標である「5年で10億の物件購入」の達成を目指す。また趣味の鉄道旅行も楽しみながら、お金と時間に縛らない人生を送りたい

story

ファイナンシャルアカデミーに出会うまで

祖父がアパート経営をしており、不動産投資をやっている姿をずっと見てきました。自分もいずれ同じようになるのだろうなと思ってましたので、その時のために不動産投資の本を読むことにしました。当時はそもそも不動産投資関連の本自体が少なかったので、とにかく本屋の棚にあるものを全てを読む勢いでしたね。ですが100冊くらい読んだところで、本からの学びに不安を感じるようになりました。なぜなら本の内容がどれも重なっていて、得られる知識や情報に限界が見えていたので、これだけでは確実に成長できないと思ったんです。
次に、現役大家のリアルな戦略やケーススタディをインプットしようと「大家の会」にいくつか入りました。参考になる学びや情報もありましたが、一方で蓋をあけてみると地主、つまりもともとお金持ちである不動産投資家の集まりで、私のようなサラリーマン大家が参考にしづらい会もあったんです。もっと不動産投資を0から始めてどんどん拡大させていったような投資家から学ぶことができないかと、当時は彷徨っていました。

ファイナンシャルアカデミーとの出会い

2016年くらいにある著名な不動産投資家の配信コンテンツを読んでいると、数々のメガ大家を輩出している伝説のセミナー「IZUMI塾」というものがあることを知りました。IZUMI塾の卒業生は名の知れ渡っている実力派大家ばかりだったので、「このセミナーならきっと間違いないだろう!」と私は一気に興味を持ちました。
しかもIZUMI塾はコロナ禍に入ってスタイルが変わり、月たった3万円のサブスクリプション形式で受講できるようになったとのこと。私は何かセミナーを受講する際は妻に相談するようにしているのですが、当時加入している「大家の会」のセミナー受講料への出費がひどく、またそれに見合ったリターンも満足に得られていない状態だったため、なにかを新たにはじめることは妻に反対されていました。しかしそんな状況だからこそ月3万円で通えるIZUMI塾はとても魅力的で、なんとか妻の説得にも成功し、受講に至ることができました。

ファイナンシャルアカデミーと出会ってから

IZUMI塾は基本的に毎週金曜日に受講するようにし、仕事で疲れていた時は土日に受講していました。私は大阪住まいですが、場所に影響されずにオンラインでいつでも見れたり、繰り返しどこでも学べるというのはありがたかったです。
IZUMI塾では「大家の会」や書籍では得られなかった体系的な知識はもちろん、泉先生が実際に大家としてやったことや体験談・再現性のあるテクニック等はまさに私が求めていたもので、非常に役に立ちました。
特に参考になったのは抵当権と根抵当権の違いです。銀行は根抵当権を当たり前のように担保につけてくるので、根抵当権じゃなかったらダメなんだと思い込んでいましたが、泉先生に実態を教えてもらった時は本当に目から鱗で……ここで学ばなければ、ずっと損していたかもしれません。
また法人の作り方も、当時流行った「1法人1物件スキーム」という銀行に隠しながらやり進めていく手法ではなく、別のやり方を教えてもらい、その通りに私も買い進めていきました。おかげさまで経常利益800万円を超えそうな時や、物件を買いすぎて赤字になりそうな時に効果を発揮してくれます。
IZUMI塾に通いはじめてからは新たに4棟買い進めたのですが、その過程での自分自身の変化にも驚いています。これまでは銀行に対して「あまりあれこれ言わない方がいいかな……」と下手に出ていた部分や、先ほどの抵当権のように選択肢を委ねてしまっていた部分がありましたが、今は自信もついて強気の姿勢で交渉でき、なにより無意識のうちにしていた損していた行動を止めることができたのは大きかったと思います。総じて、受講料以上のリターンを得ることができました。

不動産長者になれた理由

私の目標は「5年で10億円の物件購入」で、まだそれを達成していないので、不動産長者になれたという実感はあまりないのですが……強いて言うなら、大切にしてきたことは2つあります。1つ目は不動産業者など関わる人の人柄をしっかり見極めること。そして2つ目は不動産を買う時は必ず現場を見てから買うことです。これだけIT化が進んでも自分の足で稼ぐ姿勢を崩さなかったのは良いところだったかなと思います。

今後目指していく未来

IZUMI塾で目標としている「5年で10億円の物件購入」を達成したいです。その後年収1億円を達成したいと考えており、さらにその後はIZUMI塾の教えをもとにどこまで規模が拡大できるかを試していきたいです。資産は100億円くらいを目指したいですね。そのためにも、私の目標をすでに達成している大家さんがどのように拡大していったのかをもっと知り、マネできるところはマネしていきたいと思います。また、オフィスビルの購入も視野に入れています。
趣味の面では、「鉄道旅行」をもっと楽しんでいきたいと思います。列車に乗って観光地に行ったり、温泉やご当地グルメを楽しんだり……。不動産投資なら出先でも電話やメールで対応ができますし、ワーケーションみたいな感覚でやっていけるのがいいですよね。これからもお金に縛られずに、自由に人生を楽しんでいきたいです。

あなたにとってお金とは?

ゆとりのある生活を送るために必要なもの。趣味を楽しむためのもの。

不動産投資スクールについて見る

PICK UP

受講生の声一覧

<新型コロナウイルス感染症に関する対応について>

2021年6月22日追記

当校では、受講生および講師・スタッフの安全・安心を最優先に考え、政府・東京都の最新の方針に則り、教室定員を緩和し、感染予防・拡大防止策を十分に講じた上で教室での講座を開催・運営しております。

取り組みの詳細についてはこちらをご確認ください。

株式会社FinancialAcademy
代表取締役 泉 正人

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

ページトップに戻る