メニューボタン
マイページ

お電話でのお問い合わせ 10時〜19時 0120-104-384

お問い合わせ カートを見る

東京・大阪・ニューヨークで運営するお金の学校です。年前に創立し、これまで延べ万人の受講生が、家計管理から経済新聞の読み方、正しい資産運用などお金の教養を2年かけて学ぶコースを中心に受講しています。

お金の教養講座

年間3万人以上が受講する当校の定番講座。お金の貯め方から効果的な家計管理など、日々のお金の悩みから解放されるためのエッセンスを短時間で効率よく学べます。

お金があると幸せというより、『幸せになれる選択肢が増える』

  • 経済的不安から解放されて、ふたりの理想を叶えることができました。30代夫婦
  • お金の教養が高まり、付き合う人の層も変化しました。30代男性
  • もう一本のロープができて心に余裕が生まれました。40代男性
  • マネーを学んで、お金の管理が楽しくなりました。20代女性
お金の養成講座forアントレプレナー 起業家・クリエーターが長期的に価値を高め、社会で活躍し続けるための金融経済教育プログラム。

起業家・クリエーターが長期的に価値を高め、
社会で活躍し続けるための金融経済教育プログラム。

コンテンツへ

講座のゴール

アントレプレナーとして、
長期的に社会で活躍し続けるために必要な
お金の知識を体系的・網羅的に習得すること。

講座の特徴

独立・起業に必要な
資金の作り方から
キャッシュフローの考え方、
会計・税務の知識までを
幅広く学べます。

ケーススタディを
多用することで、
リアリティと臨場感ある
授業構成となっています。

個人事業から
株式上場をめざす人まで
幅広く対応しています。

アコーディオンメニュー1

STUDY1:アントレプレナーとして生きること

1)アントレプレナーとして生きること
 ・アントレプレナーの現状
 ・アントレプレナーとして生き残るには
 ・アントレプレナーとして上手くいく
  「ある3つの原理原則」
2)個人事業と法人
 ・個人事業のメリット・デメリット
 ・法人のメリット・デメリット
3)アントレプレナーとしての自分価値
 ・自分の表現の正しさを証明する
 ・パーソナルブランディングを考える
 ・自分の価値を両面思考で考える
4)アービトラージ 利益の源泉の見つけ方
 ・例@〜B

STUDY3:売り込まなくても売れるマーケティング戦略A

1)単価をアップする方法
 ・価格が決まる2つの仕組み
 ・「コスト積み上げ型」で値段を上げるには
 ・「相場連動型」で値段を上げるには
 ・単価を上げるテクニック
 ・価格表示で単価を上げるテクニック
  - 松竹梅(プライス・ライニング戦略)
  - アンカリング効果
  - オプション戦略
  - セット販売
  - 分解販売
 ・行動心理学を利用して単価を上げる
  - 希少性を活かした販売方法
2)広告と集客コスト
 ・同窓会の幹事
 ・セミナーを主催する
 ・広告戦略
 ・広告コスト
 

STUDY5:資金調達

1)資金調達の必要性
 ・概念
 ・資金調達の必要性
 ・自己資金の3つの注意点
 ・起業資金の調達手段
 ・金融機関と付き合うための注意点
 ・金融機関が融資したいと思う企業の5つの条件
 ・パートナーとの持分比率を考える
2)資金の調達方法
 ・どうやってお金を集める?
 ・メリットと責任(義務)
 ・お金が残る順ランキング
 ・重要視すべき指標
 ・ROIどれが一番高い?
 ・キャッシュ・フローに気をつけろ!

STUDY7:長期安定のためのお金の教養

1)長期安定のための時間B/Sマネジメント
 ・夢と市場の選び方
 ・夢と市場と資金調達
 ・時間B/Sマネジメント

STUDY2:売り込まなくても売れるマーケティング戦略@

1)マーケティングに必要なツール
 ・知らずに起業しないで! 売上アップの3つのステップ
  - 依頼数を上げるテクニック
  - 信頼を上げるツール「自社サイト」
   もうひとつの信頼を上げるツール「名刺」
  - 実績公開で信頼を上げるテクニック
   実績一覧を際立たせる方法
  - プロフィールを作り込む
2)売上を上げるたった3つの方法
 ・自分の強みを活かす
 ・マーケットを変える
  - AMループの法則
  - アービトラージ
 ・自分資産のレシピ
  - 自分資産のレシピ
  - 不動産投資のレシピ
  - 画家のレシピ

STUDY4:パーソナルファイナンス

1)パーソナルファイナンス
 ・起業前に考えておきたい4つの不安
  → 失敗の不安
  → 生活の不安
  → 健康の不安
  → 老後の不安
 ・起業の不安を解消するには
 ・自己資金リサーチをしよう
 ・ワーク:生活費を計算してみましょう
 ・生活費と起業資金
 ・収入保全
 ・「なに」が「どのくらい」で月20万円
 ・時間ポートフォリオ
 ・「お金」と「時間」を上手にコントロールできるようになる

STUDY6:アントレプレナーのお金と会計

1)起業と会計
 ・登記コスト、人材コスト、
  不動産コスト、機械設備コスト
 ・運転資金
 ・必要な資金をイメージしよう
 ・会計が苦手
 ・会計を知らないリスク
 ・経験者に聞く「会計を知らないリスク」
 ・売上とは
 ・所得とは(=利益)
 ・事業にかかる経費

STUDY8:人とお金とリーダーシップ

1)人とお金とリーダーシップ
 ・人を雇うことは他人の時間を買うということ
 ・人材募集の方法と費用
 ・面接・採用の流れ
 ・リーダーとしての心構え
 ・人を動かす9原則
 ・組織停滞になるメカニズムとは
 ・組織の活性化のための手段
2)夢の実現のために
 ・アントルプレナーも経営を学ぶ必要がある

講師紹介

ファイナンシャルアカデミーの延べ万人の受講生から蓄積された
『お金の教養』に関するノウハウを多くの人に伝える活動を展開中

渋谷 豊 FAG総合研究所代表 / ファイナンシャルアカデミー取締役

邦銀勤務を経て大学院で経営学修士を修了。
その後、米系銀行、フランス系銀行にて資産運用業に13年間従事。
株式、債券、ヘッジファンド、オルタナティブ、デリバティブに精通。
また、7年間の海外勤務経験を持つ。

<セミナー実績>
NYにて「お金の教養講座」を特別講演
Jリーグ「湘南ベルマーレ」選手・スタッフ向けの「アスリート向けお金の教養講座」
講談社「インベスターZ」の著者である三田紀房氏と共同講演、など多数

メディア掲載情報

掲載メディア

体験授業

申込み

受講料 50,000円(税抜)
講座内容 STUDY1:アントレプレナーとして生きること(約60分)
STUDY2:売り込まなくても売れるマーケティング戦略@(約60分)
STUDY3:売り込まなくても売れるマーケティング戦略A(約50分)
STUDY4:パーソナルファイナンス(約20分)
STUDY5:資金調達(約40分)
STUDY6:アントレプレナーのお金と会計(約40分)
STUDY7:長期安定のためのお金の教養(約30分)
STUDY8:人とお金とリーダーシップ(約30分)
(全8回)
受講方法 WEB受講
※受講期間は2年間。繰り返し何度でも視聴可能です。
お支払い方法

*クレジットカード
クレジットカードロゴ
※お支払い金額1万円以上で「一括払い」の他、「分割払い」や「リボ払い」もご選択頂けます。

WEB講座の申し込み
「受講料返金制度」について

「内容が受講料に見合わない」と感じられた場合には、受講料の全額返金に応じます。
講座のクオリティに自信がある当校ならではの保証制度です。

ファイナンシャルアカデミー制度規約

この制度規約(以下『本規約』)はファイナンシャルアカデミーが開催するメインスクール、ゼミ、ミニスクール、その他の講座の受講にあたっての規約を定めるものです。

メインスクールとは、不動産投資スクール、株式投資スクール、外貨投資・FXスクール、お金の教養スクール、定年後設計スクールの5つのスクールの総称です。 その他のゼミ、ミニスクールに該当する講座の一覧はこちらで確認できます。

T.受講期間
・メインスクール
WEB受講    教材の受け取りから 2 年間
WEB+教室受講  初めて教室で受講してから 2 年間(通算で最大 3 年間)
*教室での初回受講は、原則教材を受け取ってから 1 年以内となります。1 年を越えても受講することができますが、その場合でも有効期間は教材受け取りから 3 年間となり、教室での受講可能期間は2年間より短くなります。

・ゼミ、ミニスクール
WEB受講    教材の受け取りから 2 年間
WEB+教室受講    教材の受け取りから 2 年間
*受講の有効期限内で教室受講が1回できます。

U.受講方法
〈WEB受講について〉
・マイページから視聴できます。
*最新の講義は開催日から3営業日以内に動画配信されます。
*動画配信は、すべての開催講座が対象ではありません。

〈教室受講について〉
教室受講をするためには、教室受講パスの申込みが必要となります。教室受講は当該講座のWEB受講を申込んでいる場合のみ可能です。また、すべてのメインスクール、ゼミ、ミニスクールにおいて、各講座で定められた開催単位ごとに教室予約が必要となります。

*WEB受講期間中に教室受講パスを追加で申込みした場合、受講期間は、初めて教室で受講してから2年間となります。ただし、WEB受講期間の開始から1年を経過して申込みした場合、受講期間はWEB受講の開始から通算で最大3年間となり、教室での受講可能期間は2年間より短くなります。

・メインスクール
開催日の45日前からマイページで教室予約ができます。 スクールごとに1度に予約できる回数に上限があります。上限に達した場合も、予約した講座の開催日を過ぎると、開催終了講座の回数分を予約できるようになります。

・ゼミ、ミニスクール
新規開催の公開と同時にマイページから教室予約ができます。
教室受講パス(1回参加権利)を利用して、教室に参加できるのは1回限りですが、教室受講パス(1回参加権利)を追加申込みすることで複数回参加することも可能です。

マイページの詳しい利用方法については、教材に同梱している『受講の手引』をご確認ください。

V.受講に関する制度

(1)受講料返金制度
ファイナンシャルアカデミーが開催するすべての講座に適用されます。
受講した講座の内容に満足しなかった場合、以下の条件をすべて満たしていれば、1人1回まで受講料を全額返金します。

・教材受け取りから30日以内に、当校事務局へ「受講料返金制度」の利用を希望する旨を申し出ること(教材がない講座の場合は、講座に参加した日から30日以内)
・受講料返金制度利用の申し出から7日以内必着で、以下の書類・教材をすべて事務局に送付すること
  ・当校指定の返金依頼書
  ・顔写真付きの身分証明書(運転免許証、パスポートなどのコピー)
  ・教材一式(教材がある講座のみ)
・返金を希望する理由が受講料返金制度の主旨から外れていないこと

[受講料返金制度の利用の流れ]
1. 受講料返金制度の利用を希望する旨を、事務局にご連絡ください。
2.事務局から「返金依頼書」をメール送付もしくは郵送します。
3.返金依頼書に必要事項を記入のうえ、顔写真付きの身分証明書(運転免許証・パスポート等のコピー) とすべての教材を事務局にお送りください。
その際の送料はご負担ください。
4.事務局にて内容を確認し、不備・不足がなければ返金時期をメールで通知します。返金のタイミングおよび返金方法は、申込み時の条件により異なります。

[受講料返金制度の対象とならないケース]
・教材受け取り日より31日以上が経過している場合
・制度を利用する旨の連絡をいただいてから7日以内必着で、すべての書類・教材を返却できない場合
・規定回数を超えて制度の利用を希望した場合
・当校の教材であっても第三者からの売買・譲渡を通じて二次的に取得した場合
・その他、当校が受講料返金制度の主旨から外れる利用と認めた場合

[注意点]
・内容に満足しなかった場合にのみ利用できる制度です。そのため「受講料返金制度」を利用した講座には再申込みできません。
・教材返送時の送料はご負担ください。着払いで返送された場合、送料を差し引いた額を返金します。
・受講料返金制度の利用は、すべての講座を通じて1人1回までとなります。例えば、不動産投資スクールにて受講料返金制度を利用した場合は、株式投資スクールなど他のスクールでは受講料返金制度は利用できません。
・講座同時受講優待などを利用した場合、「受講料返金制度」は1講座のみ適用となります。例えば、不動産投資スクールと株式投資スクールを申込んだ場合、「受講料返金制度」はどちらかの講座のみ適用となり、受講料については優待適用後の金額を返金します。

(2)複数講座同時受講優待
メインスクールのうち、いずれか2つ以上のスクールを同時に申込んだ場合に限り適用されます。同時に申込んだ2つ目以降のスクールすべてのWEB受講料が一部優待されます。

*優待される受講料は申込み講座の組合せによって異なるので、詳細は事務局まで問合せください。
*他の特典と併用することはできません。

(3)家族優待
メインスクール、ミニスクールのうち、同じスクールを、家族で同時決済(同時支払い)する場合に限り適用されます。夫婦・婚約者・親子・兄弟姉妹に限り、2人目のWEB受講料が半額、教室受講パスが無料になります。

(例) 不動産投資スクールを家族優待を利用して夫婦で受講する場合
2人目のWEB受講 298,000 円(税別) → 149,000 円(税別)
※教室受講パスが無料になるのは、1人目が教室受講パスを申込んでいる場合に限ります。1人目がWEB受講のみの場合には2人目もWEB受講のみとなります。

(4)休学・復学制度
メインスクールに限り適用されます。
やむを得ない理由により受講の継続が困難な場合に、受講期間中に1度、最大1年間休学することができます。

[休学・復学制度の利用の流れ]
1. 「休学・復学制度」の利用を希望する旨を、事務局に連絡してください。
2. 事務局から「休学届」もしくは「復学届」をメール送付もしくは郵送します。
3. 届出書に必要事項を記入のうえ、事務局にお送りください (送料はご負担ください)。
4. 事務局にて内容を確認し、不備がなければ、届出を受領した旨をメールでお知らせします。
[注意点]
・「休学届」を提出した場合、休学開始日から教室受講予約、WEB受講ができなくなります。「復学届」を提出した場合、復学日から教室受講予約、WEB受講ができます。
・休学中は、教室受講、WEB 受講、質問会への参加ができません。
・休学期間を問わず、休学が申請できるのは受講期間中に1度限りです。

(5)継続会員コース
メインスクール、ゼミ、ミニスクールに限り適用されます。

受講期間終了後3ヵ月以内であれば、所定の受講料を納入することで受講期間をさらに2年間延長することができます。

(例)不動産投資スクールを継続会員コースを利用して受講する場合
WEB受講 298,000 円(税別) → 149,000 円(税別)
WEB + 教室受講 378,000 円(税別) → 189,000円 (税別)

なお、不動産投資スクール、株式投資スクール、外貨投資・FXスクールについては、受講期間を終了しても利益が出なかったときは、所定の要件に基づいて申請を行うことで、継続会員コース(WEB受講のみ)の受講料の納入が免除になる制度があります。
希望する場合は、事務局にご連絡ください。申請方法と提出書類のご案内をします。

2006 年1 月1 日制定・施行
本規約は、2018年8 月1 日より改訂施行する。




スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

問合せ前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問合せはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申込み/講座内容や受講に関して

    0120-104-384受付:10-19時[月-土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル

    0120-104-749受付:9-21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問合せ

    0120-104-749受付:10-19時[月-土]

ページトップに戻る