メニューボタン
マイページ

お電話でのお問い合わせ 月〜金|9〜21時・土|10〜19時 0120-104-384


LINEで送る

パートナーに左右されずに
お金の不安を
自分で解消したい

将来の生活を考えたとき、こんな不安ありませんか?

「このまま一人でいて、将来やっていけるだろうか。」
「旦那にもしものことがあったら我が家はどうなるだろう。」
「離婚したいけど自分に収入がないから、このまま我慢するしかないのかな。」

その不安、解消できます。

マネープランの軸足を「自分」に置けば、あなたがシングルなのか結婚しているのかといったことは本質的に関係がありません。今注目を集めているのが、「お金の習いごと」。
他人に委ねず自分の人生は自分でコントロールしませんか?

女性ならではの「お金のかかり方」

統計によると女性の場合、20代〜40代は一時的に入院する確率が高くなります。これは、乳がん、子宮ガンなどの女性特有のがんが多く見られる年代だからです。健康診断を受けたことにより初期の段階で発見されれば、治療費もそれほどかからずに済みますが、これがもし、症状が進行してからとなると、治療費も一気に膨らみます。先進医療を受けたりすることになれば200〜300万円になることもあります。

「美容代」は果てしない…

美容代とは、女性にとって背に腹は替えられない出費です。女性である以上、いつまでもキレイでありたいという願望は果てしなく続くものだと思います。
日々の「化粧品」「美容室」「ネイル」「まつ毛エクステ」「エステ」など、これらは1回で終わるものではなく、定期的なコストが発生します。果たしてお金や時間が続くのかをしっかりイメージして「美容」を楽しむことが大切です。

将来に向けた生活資金、
足りていますか?

あなたは、将来のためにどのくらい貯蓄が必要か知っていますか?
ただ漠然と「毎月貯金しているから大丈夫」、「iDecoに加入しているから大丈夫」などと思っていませんか?
もちろん、毎月貯蓄をすることや個人型確定拠出年金(iDeco)やNISAを活用することが間違っているということではありません。
注意すべき点は、現在のお金の管理をそのまま続けていくと、将来どのくらいとなり、それが生活資金として十分に間に合い、豊かに人生を送ることができるかという点です。

年金生活が65歳から90歳まで続くと仮定して、年金とは別に必要な女性一人の老後資金は、2,000万円〜3,000万円程度必要と言われています。
さらに、家賃は含まれていないので、持ち家ではない場合さらに資金が必要となります。
たとえば、5万円の家賃の場合、25年間でプラス1,600万円程度必要となりそうです。

「毎月貯金しているから大丈夫」

3,600万円を35年間で貯蓄する場合の毎月の貯金額
(2,000万円+1,600万円)÷35年÷12ヶ月=約8万6千円
4,600万円を35年間で貯蓄する場合毎月の貯金額
(3,000万円+1,600万円)÷35年÷12ヶ月=約11万円

もし現在30歳で貯金がないという方は、毎月におおよそ10万円の貯蓄をしなければならない計算となります。毎月10万円を月々のお給料から貯蓄にまわすというのは現実問題、難しいですよね。

「iDecoに加入しているので大丈夫」

iDecoは職業によって掛け金の上限が違ってくるのですが、例えば会社員(企業年金なし)の方の場合、月額上限2万3000円です。
もし現在30歳で、35年間滞ることなく毎月23,000円を運用利回り3%で運用できた場合、23,000円×12ヶ月×35年=9,660万円(+運用費7,297,482円)約1,700万円となります。

年金とは別に必要な女性一人の老後生活資金は家賃を含めると3,600万円。今話題のiDeCoは、節税効果や老後資金を作るために有効とされていますが、それだけでは実質足りないのです。

まだ間に合う!
今から始めるマネープラン設計

自分や家族の未来のため、専門家から学び、正しい知識を身につけて、マネープランを設計していきましょう。ファイナンシャルアカデミーが2008年に開講した「お金の教養講座」は、年間5万人以上が 受講する、お金と資産運用のことがまるごと分かる講座です。
義務教育で教わることのなかったお金のこと。友達や同僚とでも話しづらいお金のこと。中立性を保ったお金の学校「ファイナンシャルアカデミー」だからこそできる、お金のことを正しく理解するための講座となります。

お金の教養講座では
どんなことが学べるの?

お金のプロから「お金を増やす方法」が学べる講座です。
前半は、今の収入から無理なくお金を貯めるための”家計管理法”を学び、後半は、将来のお金を大きく増やす具体的な”資産管理法”を学びます、3つの堅実な投資方法と、失敗しないポイントを、4時間で体系的に学び、お金の教養が高まります。

  • 無理なくお金を
    貯める家計管理法

    誰にでもできる!
    家計の支出を
    簡単に見える化する方法

  • 貯蓄の仕組み化

    収入の2割を無理なく
    自動的に貯める
    魔法の方法

  • 生涯続く不労所得の
    作り方

    住まいの支出を
    収入に変える方法を
    体験談も交えて解説

  • 3つのお金の増やし方

    手元資金がなくてもOK?
    今の自分に1番合った
    お金の増やし方を学ぶ

  • 最も確実な資産運用
    のリスク回避方法

    投資で上手くいかない人
    の共通点と、失敗しない
    ための大事なポイント

  • 投資を始める
    タイミング

    年代?相場?景気?
    投資を始めたい人が知るべき
    「タイミング」を徹底解説

初めての方でも
安心して受講できます。

お金の教養講座の受講生の
90%が過去に
「お金の勉強をしたことがない」
「投資の経験がない」と回答。

こんな方におすすめ

  • 貯蓄をすれば
    将来不安が消える
    と思っている

  • 難しい話は苦手。
    でもマネー設計は
    気になっている

  • 年金だけでは
    将来が不安だけど
    備え方が分からない

  • 銀行の預金、
    そのままでいいのか
    心配な人

無料セミナーの申込みはこちら
(毎月3,000名が参加!お金の教養講座Plusコース)

教室受講開催場所と日時を選択し、予約ボタンを押してください。

STEP 1
開催場所を選ぶ

東京

丸の内本校 >会場地図はこちら

新宿校 >会場地図はこちら

有楽町校 >会場地図はこちら

神奈川

横浜G教室 >会場地図はこちら

愛知

名古屋E教室 >会場地図はこちら

大阪

大阪U教室 >会場地図はこちら

沖縄

那覇A教室 >会場地図はこちら

STEP 2
日時を選ぶ
受講料 無料
受講時間 4時間

WEB受講今すぐ受講したい方、日程が合わない方や遠方の方はご自宅でも受講できます(有料)

受講料 1,000円 (税別)
支払い方法 クレジットカード
Amazon Pay
受講時間 3時間
受講期間 申込みから7日間

■教室受講規定
・授業中の録音、録画等はお控えください。
・授業中のパソコンの使用や撮影は原則禁止とさせていただきます。一部の使用が許可されたスクール・講座におきましても、タイプ音や撮影音などが他の受講生の迷惑にならないようにご注意ください。
・小さなお子様については、他の受講生の集中を妨げる可能性があるため入室をお断りしています。
・授業内容や講師は、急病、天候、災害、その他やむを得ない事情により予告なく変更される場合があります。
・一定人数に達しない場合や、講師の急病などにより、授業の開催を延期または中止する場合があります。
・当日及び後日のネットワークビジネス、投資、宗教等の勧誘行為は一切禁止します。
・以下に該当する人は、円滑な授業運営のため、受講をお断りする場合があります。
1. 授業を録音、録画した人
2. ネットワークビジネス、投資、宗教等の勧誘目的の人
3. 授業の進行に支障をきたす言動をする人
4. 飲酒している人
5. 他の受講生や講師に対し、暴言、暴力、セクハラ行為、プライバシーを侵害する行為等を行った人
6. 立ち入り禁止エリアへ不当に侵入した人
7. その他、事務局が不適切と判断した人
・企業・団体による受講は、他の受講生に迷惑がかかる場合があるためお断りしています。
・資料は授業に参加した人にのみ配布しています。当日欠席した場合はマイページよりダウンロードをお願いします。
・講義中に、当校及び当校グループのホームページ上に開催報告として掲載するための写真撮影や、講師トレーニングのための映像撮影をする場合があります。最大限、個人が特定されない写真を使用させていただきますが、万が一写真の変更希望がある場合には、お気軽に事務局までご連絡ください。


■勧誘行為に関する禁止規定
・当校では、受講生間における当日及び後日のネットワークビジネス、投資、宗教等の勧誘行為を一切禁止しています。これらに該当する営業・勧誘を受けた際は、事務局までお知らせください。
・これらの勧誘行為が発覚した場合、受講生への迷惑、及び当校の信用が大きく毀損する悪質な行為として然るべき対処をさせていただきます。被害を最小限に抑えるため、名前・斡旋先名・企業名などを(1)教室やイベント会場での掲示、(2)当校ホームページへの掲載、(3)受講生へのメール送付等によって受講生への注意喚起を行うことがあります。

2018年8月1日制定施行
本規約は、2019年3月15日より一部改訂施行されました。


スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

問合せ前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問合せはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申込み/講座内容や受講に関して

    0120-104-384受付:9-21時 [月-金]・10-19時 [土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル

    0120-104-749受付:9-21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問合せ

    0120-104-749受付:10-19時[月-土]

ページトップに戻る