Column

先の読めないこの時代に、
すべての働く人に必要なもの。
それが「パラレルインカム」だ。(第3回)

ファイナンシャルアカデミーの理想とする「パラレルインカム」を3回に分けて紹介します。3回目となる今回は、収入を4種類の型で分類し、パラレルインカムを実現するために必要なことをお伝えします。

パラレルインカムを「所得の種類」「フロー or ストック」の、
マトリクスで考える

前回からの続きー
第2回の内容はこちら
第1回の内容はこちら

パラレルインカムへの理解をさらに深めていきましょう。
世の中には「お金」を得るための情報が溢れかえっていますが、実は分類するとたった4つしかありません。その方法は「所得の種類」と「フロー or ストック」の掛け合わせで4つに分類できます。

所得の種類は、働いて得る「労働所得」と資産運用によって得る「資産所得」の2つです。本業であれ、副業であれ、働くことで得られる所得はすべて「労働所得」になります。資産運用によって得られる所得は、方法は何であれ、広い意味では「資産所得」になります。

もうひとつの軸は、「フロー or ストック」です。英語で言うと、「フロー」とは「流れ」、「ストック」とは「蓄え」のことです。最近では「フロー型ビジネス」「ストック型ビジネス」という言葉もよく耳にするようになりました。例えば、CDを1枚1枚売ったり貸したりするのは「フロー型ビジネス」ですが、Apple musicやSpotify のように、大量の音楽という蓄えを持ってサブスクリプション型でサービスを提供するものは「ストック型ビジネス」です。

実はこれと同じようなことが「所得」にも言えます。図を見てください。Aは、労働所得フロー型。会社に勤めて給料を得ることはここに当てはまります。「フロー型」ですので、残念ながら、あなたが働かなければその途端にお金が入らなくなってしまうのが特徴です。Bは、労働所得ストック型。「労働所得にストック型が存在するの?」と思った人もいるかもしれませんが、例えば、労働をしなくてもいい天下りの役職での役員報酬や、有資格者として名前を貸すことで毎月給与を得たりといった形態が、数こそ少ないものの、世の中には存在します。

残りの2つを見てみましょう。Cは、資産所得フロー型。株式の売買やFXの取引などでお金を得ることは、ここに当てはまります。「フロー型」ですので、あなたが取引をしなければ、お金が入ってくることはありません。最後にDの、資産所得ストック型。株式投資の配当金や不動産投資の家賃収入があてはまります。

もうおわかりだと思いますが、ストック型の最大の特徴は、自分が汗水流して働かなくても、時間的・労力的負荷がほとんどなく、自動的かつ定期的に所得が得られることです。だから、パラレルインカムで目指すべき2本目の「お金のなる木」は「資産所得ストック型」である必要があるのです。

正しい理解、十分な知識、
そして実践パラレルインカムは、誰にでも実現できる

ここまで聞くと、確かにパラレルインカムは理想的だ、でも自分にはほど遠い世界だ、と感じる人もいるかもしれません。ですが、冒頭で「パラレルインカムはすべての働く人に必要なものだ」とお伝えしました。つまり、お金を増やしたい人だけが必要な話ではないのです。

終身雇用制度は完全に崩壊し、ひと昔前には人気ランキングの上位だった企業からもどんどん優秀な若手が去っているというニュースも聞きます。絶対に安泰と思われていた大企業でも、このコロナ禍で社員の休業や解雇に追い込まれたところもあります。これからの時代、初めは小さな苗木であったとしても、2本の「お金のなる木」を何らか持つことは、残された長い人生を自分らしく過ごすために不可欠なのです。

ではどうすれば、パラレルインカムを実現することができるのでしょうか。

それにはまず、「パラレルインカム」という考え方についての正しい理解が不可欠です。副業とは何が違うのか、株式投資やFXでキャピタルゲインを得ることや投資信託による長期投資とは何が違うのかーー。そして、実践するためには、正しい知識とノウハウが必要です。

パラレルインカムは、自動的かつ定期的に果実が収穫できるようになってこそ、そしてそれによって生活を維持するための労働から解放されて心の余裕が生まれてこそ、意味があります。でも、そのためには最初にまとまった努力が必要です。ネットの記事やYou Tubeの解説動画で断片的な知識を得たり、金融機関や不動産業者の人に勧められたり、といった中でとりあえず株式や不動産に投資してみるというのでは、絶対に実現しません。

しかし、逆に言えば、正しく理解をし、学びと実践のサイクルを繰り返すことができる前向きな人であれば、決して特別な人でなくても実現できるのです。

ファイナンシャルアカデミーの卒業生にも、愚直に学んで実践することでパラレルインカムを実現した人が、本当にたくさんいます。

「パラレルインカム」という考え方に出会ったあなたの前には、実現への扉が置かれています。その扉を開けて、実現へとつながっている道を進み始めるかどうかはあなた次第です。先の読めないこれからの時代を、流れのままに生きるのか。それとも力強く、自分らしく、そして自由に生きるのか。あなたはどちらを選びますか。

パラレルインカムはすべての働く人に必要なものであり、お金を増やしたい人だけが必要な話ではないのです。
パラレルインカムという考え方についての正しい理解し、学びと実践のサイクルを繰り返すことができる前向きな人であれば、決して特別な人でなくても実現できるのです。

Column

私たちが考えるパラレルインカムについての
記事をご紹介します

<新型コロナウイルス感染症に関する対応について>

2021年6月22日追記

当校では、受講生および講師・スタッフの安全・安心を最優先に考え、政府・東京都の最新の方針に則り、教室定員を緩和し、感染予防・拡大防止策を十分に講じた上で教室での講座を開催・運営しております。

取り組みの詳細についてはこちらをご確認ください。

株式会社FinancialAcademy
代表取締役 泉 正人

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

ページトップに戻る