お金の教養が身につくスクール ファイナンシャルアカデミー

メニューボタン

Financial Academy お金の教養が身につく総合マネースクール|ファイナンシャルアカデミー

マイページ

お電話でのお問い合わせ 10時〜19時 0120-104-384

お問い合わせ カートを見る

東京・大阪・ニューヨークで運営するお金の学校です。15年前に創立し、これまで延べ万人の受講生が、家計管理から経済新聞の読み方、正しい資産運用などお金の教養を2年かけて学ぶコースを中心に受講しています。

お金の教養講座

年間3万人以上が受講する当校の定番講座。お金の貯め方から効果的な家計管理など、日々のお金の悩みから解放されるためのエッセンスを短時間で効率よく学べます。

当校の理念や講師紹介、受講スタイルや教室案内まで詳しく紹介

ファイナンシャルアカデミーが選ばれる理由
人気の5スクールを紹介
申込みから受講開始までの流れ
受講生に選ばれた実績ある講師陣
通いやすく快適な受講環境

お金があると幸せというより、『幸せになれる選択肢が増える』

  • 経済的不安から解放されて、ふたりの理想を叶えることができました。30代夫婦
  • お金の教養が高まり、付き合う人の層も変化しました。30代男性
  • もう一本のロープができて心に余裕が生まれました。40代男性
  • マネーを学んで、お金の管理が楽しくなりました。20代女性

定年後設計フォーラム2018
50代のための
人生100年時代への備え

開催日時 2018年3月4日(日) 開場13:00 開演13:30
定員 先着600名(参加費無料)
プログラム
  • 基調講演:蟹瀬 誠一(13:30~14:30)

    心豊かに過ごせる定年後を目指して
  • 講演@:藤田 孝典(14:40~15:40)

    「下流化」を防ぐため、今一人ひとりができること
  • 講演A:渋谷 豊(15:50~16:50)

    2022年までの資産運用のあり方

登壇者

蟹瀬 誠一
米AP通信社記者、仏AFP通信社記者、米TIME誌特派員を経て、91年にTBS『報道特集』キャスターとして日本のテレビ報道界に転身。『経済討論バトル頂上決戦』 (朝日ニュースター)『賢者の選択』(BS朝日)などのキャスターを務め、2004年から明治大学文学部教授、2008年から同大学国際日本学部長を務める。 現在は、同大学国際日本学部教授、『賢者の選択 Leaders」(日経CNBCメインキャスター)。
藤田 孝典
NPO法人ほっとプラス代表理事。聖学院大学人間福祉学部客員准教授。反貧困ネットワーク埼玉代表。ブラック企業対策プロジェクト共同代表。厚生労働省社会保障審議会特別部会委員。著書に「下流老人 一億総老後崩壊の衝撃」「ひとりも殺させない」「貧困世代 社会の監獄に閉じ込められた若者たち」など。
渋谷 豊
ファイナンシャルアカデミーグループ総合研究所 代表 ファイナンシャルアカデミー取締役。外資系金融機関のプライベートバンク部門で約13年に渡り富裕層向けコンサルティングを担当、その後、独立系の資産運用会社で代表として約2年間、資産運用業務に携わる。現在は、富裕層向けサービスと海外勤務の経験などを活かし、各種講演、グローバル経済に関する分析・情報の発信を行っている。

詳しくはこちら

開催趣旨

現在の長寿社会では、100歳まで生きるのは不思議なことではなくなりました。
60歳で定年退職した場合、あと40年もの時間が残っています。この40年というのは、20歳前後の就活時期から定年までの在職期間とほぼ同じという、とても長い時間であることがわかります。

今の学生は、より良い社会人人生40年を過ごすために、就活(就職活動)に真面目に取り組んでいます。
そして50代になったら、より良い定年後人生40年を過ごすために、定活(定年活動)が必要な時代となりました。

定年後を楽しく過ごすのも、我慢した生活を過ごすのも、50代の定活にかかっていると言っても過言ではありません。
これまでは「家族のために」とみんな必死に働いてきました。それはあなただけではなく、みな同じです。だから、ここで人生設計をやめてしまうのはもったいないですよね。

高齢化、増税、介護問題、年金受給額減、老後破産など、日本の社会には問題がたくさん残されている中で、これからの有り余る時間を楽しむための「幸せな自分の未来」のために、定年後設計に向き合ってみませんか?

ファイナンシャルアカデミー 代表 泉 正人

こんな人におすすめ

  • 定年後は、サラリーマン時代にできなかった
    大好きな旅行を、お金を気にせず、
    満喫したい。

  • 漠然としている定年後のお金について、
    理解して準備を始めたい。

  • 社会貢献や地域での活動など、今まで
    できなかったことができるゆとりを持ちたい。

  • 定年後に、あわてて再就職先を探し回ったり
    することにならないよう、残りの人生を自分でコントロールしたい。

  • 定年後も、お金を気にしすぎることなく、
    のびのび過ごしたい。

詳しくはこちら

開催概要

定年後設計フォーラムで学ぶ3つの視点

3つの講演では、50代から準備を始めることの大切さ、下流化の現実と想定外への対処の重要性、定年後を豊かに生きるための準備について学びます。

  • 心豊かに過ごせる定年後を目指して

    蟹瀬 誠一

    『どんな人生が自分にとって幸せなのか』、なかなか簡単には答えが出せないテーマです。
    私は50歳を超えてから、残りの人生をそれまで以上に考えるようになりました。どんな将来を望むかで、かかるお金の額も変わります。60代のその先も豊かな気分でいるために、不安と恐れに向き合う心の保ち方や50代からの将来設計についてお伝えします。

  • 「下流化」を防ぐため、
    今一人ひとりができること

    藤田 孝典

    誰もが貧困になる可能性がある現代、あなたは自分の生活を守る準備をしていますか?私の元へ相談にいらっしゃる方の中には、現役時代に高収入を得ていた人も少なくありません。
    今後、政府の年金システムや介護システムはどのようになってくのか、50代の今だからできる定年後の準備についてお伝えします。

  • 2022年までの資産運用のあり方

    渋谷 豊

    東京オリンピック開催2年後の世界、2022年。
    これからの5年間で日本の経済、世界の情勢はどうなっているでしょうか?資産運用のエキスパートが、伸びる産業と企業、日本経済の未来を読み解き、50代向けの資産運用、投資信託との付き合い方をお話します。

開催日時 2018年3月4日(日)13:30∼17:00(開場13:00)
会場 日経ホール(大手町) アクセスはこちら
定員 先着600名
参加費 無料
主催 ファイナンシャルアカデミー
プログラム
基調講演:
蟹瀬 誠一(13:30~14:30)心豊かに過ごせる定年後を目指して
講演@:
藤田 孝典(14:40~15:40)「下流化」を防ぐため、今一人ひとりができること
講演A:
渋谷 豊(15:50~16:50)2022年までの資産運用のあり方

申込みはこちら

ファイナンシャルアカデミーについて

個人がより豊かに生活するために必要な「お金の教養」が学べる2002年創立の総合マネースクールです。

東京校・大阪校・ニューヨーク校・通信制・WEB自宅受講を通じて、 15年間で延べ万人の方が、貯蓄や家計管理といった生活に身近なお金から、 資産運用、キャリア、人生と社会を豊かにするお金の使い方までを学んでいます。

  • ファイナンシャルアカデミーについて イメージ1
  • ファイナンシャルアカデミーについて イメージ2
  • ファイナンシャルアカデミーについて イメージ3

ファイナンシャルアカデミーグループ

  • ファイナンシャルアカデミーグループ

    個人が豊かに生活するために必要な金融リテラシーを育む中立的機関ファイナンシャルアカデミー・グループ

  • ファイナンシャルアカデミー
  • FPwoman
  • マネテリ
  • FAG総合研修所
  • STAGE
  • マネラボ
  • 一般社団法人金融学習協会

ファイナンシャルアカデミーグループは、「お金の教養」を身につけるための総合マネースクール「ファイナンシャルアカデミー」を中心とし、女性ファイナンシャルプランナーによるお金の総合クリニック「エフピーウーマン」、金融経済のリテラシー向上を目的とした学校向けカリキュラムや生活者目線での金融の知識が学べる「マネーマネジメント検定を提供する「一般社団法人金融学習協会」、現代の社会や生活を「お金」という面から切り取って研究・開発を行う「FAG総合研究所」から構成されている、金融経済教育を提供するグループです。また、メディア部門「STAGE~人生の舞台で輝くためのライフスタイルマガジン」にて、さまざまなジャンルの第一線で活躍する方々のLife & Workstyleを中心にさまざまな情報を発信しています。

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

問合せ前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問合せはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申込み/講座内容や受講に関して

    0120-104-384受付:10〜19時[月〜土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル

    0120-104-749受付:9〜21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問合せ

    0120-104-749受付:9〜21時[毎日 ※年末年始を除く]
ページトップに戻る