メニューボタン
マイページ

お電話でのお問い合わせ 月〜金|9〜21時・土|10〜19時 0120-104-384



ホーム > セミナー > 19/02/02 Corda Bootcamp Tokyo 2019


19/02/02 Corda Bootcamp Tokyo 2019

 

 

 

 

講師からのメッセージ「株式投資は、いかにして好業績バリュー株を選び出すかにつきる」


私は今から20年前、

「裕福な家の出でもない、ごく普通のサラリーマンが資産を築くには、株しか無い」

との思いから、投資を始めました。

それから20年という年月が経ちました。

東京株式市場は、3度の大相場(ITバブル、小泉相場、アベノミクス相場)と、3度の大暴落(アジア通貨危機、ITバブル崩壊、リーマンショック)を経験してきました。

 

そのような状況にもかかわらず、私が株式投資を継続し、資産を増やし続けて来られた理由。それは、

 「日本を代表するような大企業に投資すれば大丈夫」という考えを持たなかったからです。

 

我が国のような全体のパイが伸びないマーケットにおいては、
「株式投資は、いかにして好業績バリュー株を選び出すかにつきるという基本的なスタンスは不変です。

 

20年間、雨の日が多かった株式市場を乗り越え、個人投資家として生き残ってきた「銘柄選択のノウハウ」を、本セミナーでお伝えします。


 

このセミナーに参加することで 、学べること


1.雑誌やネットの情報に振り回されない、「他人に頼らない、自立したバリュー投資家」への一歩を踏み出すことができます。

2.「最新の会社四季報」と「最新の決算」の内容を踏まえた、「旬の銘柄」の見つけ方が身につきます。

3.「好業績バリュー株の見つけ方、銘柄分析、売買」といった、株式投資に関する一連の流れを学べます。

 

 

 

こんな方にオススメします!


・好業績バリュー株選びのノウハウを身につけたい方

・「銘柄選び、分析、売買」といった一連の流れを知りたい方

・雑誌やネットの情報頼みで、今ひとつ投資の成果が上がらない方

・TOPIXや日経平均株価の値動きに左右されず、安定した利益をあげたい方

はぜひ、本セミナーにご参加ください。

 

 

 

カリキュラム

第1部 「好業績バリュー株」の見つけ方

  • スクリーニングを行い、コンピュータに選ばせる方法 
  • 会社四季報を読んで、自分で見つける方法 
  • 「プロのお墨付き銘柄」の中から集める方法 

 

第2部 スクリーニングで浮かび上がった好業績バリュー株とは?

  • スクリーニングで使用する指標について 
  • ネット上の無料スクリーニングの利用方法
  • 会社四季報CD-ROMを用いたスクリーニング
  • ● 個別銘柄分析(3〜5銘柄)

※学習用教材として、講師が独自に作成したスクリーニング基準によるリストを配布します。

 

第3部 会社四季報 最新号より講師が選んだ好業績バリュー株の実例

  • 会社四季報を速読するコツとは? 
  • ピンときた銘柄の調べ方
  • 個別銘柄分析(3〜5銘柄)
  • ※学習用として、会社四季報 最新号より講師が選んだ銘柄リストを配布します。 

 

 

第4部 敏腕ファンドマネージャーも買っている好業績バリュー株を研究する

  • バリュー投資家ならフォローしておくべきファンド 
  • ファンドマネージャーの投資哲学を調べる方法
  • 個別銘柄分析(3〜5銘柄)
  • ※学習用として、講師がフォローしているファンドの組入上位銘柄リストを配布します。 

 

 

第5部 好業績バリュー株の売買方法

  • 株価チャートの見方と、リスク管理について
  • 企業業績の確認方法 
  • 相場状況に応じたポートフォリオの組み方
  •  

 

講師紹介

角山 智 氏 Satoru Kadoyama

講師近影

1963年奈良県生まれ。立命館大学経営学部卒業。建築資材メーカー(東証1部上場)の情報システム部門、経営企画部門に17年間勤務。2005年角山オフィス設立。 個人投資家向け書籍執筆や講演、情報発信を行う。初めて株を買った1995年以来20年、3度の大相場(ITバブル、小泉相場、アベノミクス)と3度の暴落(アジア通貨危機、ITバブル崩壊、リーマンショック)を経て、500万円の金融資産を1億円近くまで積み上げてきた。


<著書>
今なら間に合う!出遅れ大化け割安株投資法(秀和システム)    出遅れ大化け割安株投資法

〈新〉角山式 副業の株 儲けの方程式(日本実業出版社)      〈新〉角山式 副業の株 儲けの方程式(日本実業出版社)

-->

 

 

 

 

講師からのメッセージ「株式投資は、いかにして好業績バリュー株を選び出すかにつきる」


私は今から20年前、

「裕福な家の出でもない、ごく普通のサラリーマンが資産を築くには、株しか無い」

との思いから、投資を始めました。

それから20年という年月が経ちました。

東京株式市場は、3度の大相場(ITバブル、小泉相場、アベノミクス相場)と、3度の大暴落(アジア通貨危機、ITバブル崩壊、リーマンショック)を経験してきました。

 

そのような状況にもかかわらず、私が株式投資を継続し、資産を増やし続けて来られた理由。それは、

 「日本を代表するような大企業に投資すれば大丈夫」という考えを持たなかったからです。

 

我が国のような全体のパイが伸びないマーケットにおいては、
「株式投資は、いかにして好業績バリュー株を選び出すかにつきるという基本的なスタンスは不変です。

 

20年間、雨の日が多かった株式市場を乗り越え、個人投資家として生き残ってきた「銘柄選択のノウハウ」を、本セミナーでお伝えします。


 

このセミナーに参加することで 、学べること


1.雑誌やネットの情報に振り回されない、「他人に頼らない、自立したバリュー投資家」への一歩を踏み出すことができます。

2.「最新の会社四季報」と「最新の決算」の内容を踏まえた、「旬の銘柄」の見つけ方が身につきます。

3.「好業績バリュー株の見つけ方、銘柄分析、売買」といった、株式投資に関する一連の流れを学べます。

 

 

 

こんな方にオススメします!


・好業績バリュー株選びのノウハウを身につけたい方

・「銘柄選び、分析、売買」といった一連の流れを知りたい方

・雑誌やネットの情報頼みで、今ひとつ投資の成果が上がらない方

・TOPIXや日経平均株価の値動きに左右されず、安定した利益をあげたい方

はぜひ、本セミナーにご参加ください。

 

 

 

カリキュラム

第1部 「好業績バリュー株」の見つけ方

  • スクリーニングを行い、コンピュータに選ばせる方法 
  • 会社四季報を読んで、自分で見つける方法 
  • 「プロのお墨付き銘柄」の中から集める方法 

 

第2部 スクリーニングで浮かび上がった好業績バリュー株とは?

  • スクリーニングで使用する指標について 
  • ネット上の無料スクリーニングの利用方法
  • 会社四季報CD-ROMを用いたスクリーニング
  • ● 個別銘柄分析(3〜5銘柄)

※学習用教材として、講師が独自に作成したスクリーニング基準によるリストを配布します。

 

第3部 会社四季報 最新号より講師が選んだ好業績バリュー株の実例

  • 会社四季報を速読するコツとは? 
  • ピンときた銘柄の調べ方
  • 個別銘柄分析(3〜5銘柄)
  • ※学習用として、会社四季報 最新号より講師が選んだ銘柄リストを配布します。 

 

 

第4部 敏腕ファンドマネージャーも買っている好業績バリュー株を研究する

  • バリュー投資家ならフォローしておくべきファンド 
  • ファンドマネージャーの投資哲学を調べる方法
  • 個別銘柄分析(3〜5銘柄)
  • ※学習用として、講師がフォローしているファンドの組入上位銘柄リストを配布します。 

 

 

第5部 好業績バリュー株の売買方法

  • 株価チャートの見方と、リスク管理について
  • 企業業績の確認方法 
  • 相場状況に応じたポートフォリオの組み方
  •  

 

講師紹介

角山 智 氏 Satoru Kadoyama

講師近影

1963年奈良県生まれ。立命館大学経営学部卒業。建築資材メーカー(東証1部上場)の情報システム部門、経営企画部門に17年間勤務。2005年角山オフィス設立。 個人投資家向け書籍執筆や講演、情報発信を行う。初めて株を買った1995年以来20年、3度の大相場(ITバブル、小泉相場、アベノミクス)と3度の暴落(アジア通貨危機、ITバブル崩壊、リーマンショック)を経て、500万円の金融資産を1億円近くまで積み上げてきた。


<著書>
今なら間に合う!出遅れ大化け割安株投資法(秀和システム)    出遅れ大化け割安株投資法

〈新〉角山式 副業の株 儲けの方程式(日本実業出版社)      〈新〉角山式 副業の株 儲けの方程式(日本実業出版社)

-->

 

 

 

 

講師からのメッセージ「株式投資は、いかにして好業績バリュー株を選び出すかにつきる」


私は今から20年前、

「裕福な家の出でもない、ごく普通のサラリーマンが資産を築くには、株しか無い」

との思いから、投資を始めました。

それから20年という年月が経ちました。

東京株式市場は、3度の大相場(ITバブル、小泉相場、アベノミクス相場)と、3度の大暴落(アジア通貨危機、ITバブル崩壊、リーマンショック)を経験してきました。

 

そのような状況にもかかわらず、私が株式投資を継続し、資産を増やし続けて来られた理由。それは、

 「日本を代表するような大企業に投資すれば大丈夫」という考えを持たなかったからです。

 

我が国のような全体のパイが伸びないマーケットにおいては、
「株式投資は、いかにして好業績バリュー株を選び出すかにつきるという基本的なスタンスは不変です。

 

20年間、雨の日が多かった株式市場を乗り越え、個人投資家として生き残ってきた「銘柄選択のノウハウ」を、本セミナーでお伝えします。


 

このセミナーに参加することで 、学べること


1.雑誌やネットの情報に振り回されない、「他人に頼らない、自立したバリュー投資家」への一歩を踏み出すことができます。

2.「最新の会社四季報」と「最新の決算」の内容を踏まえた、「旬の銘柄」の見つけ方が身につきます。

3.「好業績バリュー株の見つけ方、銘柄分析、売買」といった、株式投資に関する一連の流れを学べます。

 

 

 

こんな方にオススメします!


・好業績バリュー株選びのノウハウを身につけたい方

・「銘柄選び、分析、売買」といった一連の流れを知りたい方

・雑誌やネットの情報頼みで、今ひとつ投資の成果が上がらない方

・TOPIXや日経平均株価の値動きに左右されず、安定した利益をあげたい方

はぜひ、本セミナーにご参加ください。

 

 

 

カリキュラム

第1部 「好業績バリュー株」の見つけ方

  • スクリーニングを行い、コンピュータに選ばせる方法 
  • 会社四季報を読んで、自分で見つける方法 
  • 「プロのお墨付き銘柄」の中から集める方法 

 

第2部 スクリーニングで浮かび上がった好業績バリュー株とは?

  • スクリーニングで使用する指標について 
  • ネット上の無料スクリーニングの利用方法
  • 会社四季報CD-ROMを用いたスクリーニング
  • ● 個別銘柄分析(3〜5銘柄)

※学習用教材として、講師が独自に作成したスクリーニング基準によるリストを配布します。

 

第3部 会社四季報 最新号より講師が選んだ好業績バリュー株の実例

  • 会社四季報を速読するコツとは? 
  • ピンときた銘柄の調べ方
  • 個別銘柄分析(3〜5銘柄)
  • ※学習用として、会社四季報 最新号より講師が選んだ銘柄リストを配布します。 

 

 

第4部 敏腕ファンドマネージャーも買っている好業績バリュー株を研究する

  • バリュー投資家ならフォローしておくべきファンド 
  • ファンドマネージャーの投資哲学を調べる方法
  • 個別銘柄分析(3〜5銘柄)
  • ※学習用として、講師がフォローしているファンドの組入上位銘柄リストを配布します。 

 

 

第5部 好業績バリュー株の売買方法

  • 株価チャートの見方と、リスク管理について
  • 企業業績の確認方法 
  • 相場状況に応じたポートフォリオの組み方
  •  

 

講師紹介

角山 智 氏 Satoru Kadoyama

講師近影

1963年奈良県生まれ。立命館大学経営学部卒業。建築資材メーカー(東証1部上場)の情報システム部門、経営企画部門に17年間勤務。2005年角山オフィス設立。 個人投資家向け書籍執筆や講演、情報発信を行う。初めて株を買った1995年以来20年、3度の大相場(ITバブル、小泉相場、アベノミクス)と3度の暴落(アジア通貨危機、ITバブル崩壊、リーマンショック)を経て、500万円の金融資産を1億円近くまで積み上げてきた。


<著書>
今なら間に合う!出遅れ大化け割安株投資法(秀和システム)    出遅れ大化け割安株投資法

〈新〉角山式 副業の株 儲けの方程式(日本実業出版社)      〈新〉角山式 副業の株 儲けの方程式(日本実業出版社)

-->

 

 

 

 

講師からのメッセージ「株式投資は、いかにして好業績バリュー株を選び出すかにつきる」


私は今から20年前、

「裕福な家の出でもない、ごく普通のサラリーマンが資産を築くには、株しか無い」

との思いから、投資を始めました。

それから20年という年月が経ちました。

東京株式市場は、3度の大相場(ITバブル、小泉相場、アベノミクス相場)と、3度の大暴落(アジア通貨危機、ITバブル崩壊、リーマンショック)を経験してきました。

 

そのような状況にもかかわらず、私が株式投資を継続し、資産を増やし続けて来られた理由。それは、

 「日本を代表するような大企業に投資すれば大丈夫」という考えを持たなかったからです。

 

我が国のような全体のパイが伸びないマーケットにおいては、
「株式投資は、いかにして好業績バリュー株を選び出すかにつきるという基本的なスタンスは不変です。

 

20年間、雨の日が多かった株式市場を乗り越え、個人投資家として生き残ってきた「銘柄選択のノウハウ」を、本セミナーでお伝えします。


 

このセミナーに参加することで 、学べること


1.雑誌やネットの情報に振り回されない、「他人に頼らない、自立したバリュー投資家」への一歩を踏み出すことができます。

2.「最新の会社四季報」と「最新の決算」の内容を踏まえた、「旬の銘柄」の見つけ方が身につきます。

3.「好業績バリュー株の見つけ方、銘柄分析、売買」といった、株式投資に関する一連の流れを学べます。

 

 

 

こんな方にオススメします!


・好業績バリュー株選びのノウハウを身につけたい方

・「銘柄選び、分析、売買」といった一連の流れを知りたい方

・雑誌やネットの情報頼みで、今ひとつ投資の成果が上がらない方

・TOPIXや日経平均株価の値動きに左右されず、安定した利益をあげたい方

はぜひ、本セミナーにご参加ください。

 

 

 

カリキュラム

第1部 「好業績バリュー株」の見つけ方

  • スクリーニングを行い、コンピュータに選ばせる方法 
  • 会社四季報を読んで、自分で見つける方法 
  • 「プロのお墨付き銘柄」の中から集める方法 

 

第2部 スクリーニングで浮かび上がった好業績バリュー株とは?

  • スクリーニングで使用する指標について 
  • ネット上の無料スクリーニングの利用方法
  • 会社四季報CD-ROMを用いたスクリーニング
  • ● 個別銘柄分析(3〜5銘柄)

※学習用教材として、講師が独自に作成したスクリーニング基準によるリストを配布します。

 

第3部 会社四季報 最新号より講師が選んだ好業績バリュー株の実例

  • 会社四季報を速読するコツとは? 
  • ピンときた銘柄の調べ方
  • 個別銘柄分析(3〜5銘柄)
  • ※学習用として、会社四季報 最新号より講師が選んだ銘柄リストを配布します。 

 

 

第4部 敏腕ファンドマネージャーも買っている好業績バリュー株を研究する

  • バリュー投資家ならフォローしておくべきファンド 
  • ファンドマネージャーの投資哲学を調べる方法
  • 個別銘柄分析(3〜5銘柄)
  • ※学習用として、講師がフォローしているファンドの組入上位銘柄リストを配布します。 

 

 

第5部 好業績バリュー株の売買方法

  • 株価チャートの見方と、リスク管理について
  • 企業業績の確認方法 
  • 相場状況に応じたポートフォリオの組み方
  •  

 

講師紹介

角山 智 氏 Satoru Kadoyama

講師近影

1963年奈良県生まれ。立命館大学経営学部卒業。建築資材メーカー(東証1部上場)の情報システム部門、経営企画部門に17年間勤務。2005年角山オフィス設立。 個人投資家向け書籍執筆や講演、情報発信を行う。初めて株を買った1995年以来20年、3度の大相場(ITバブル、小泉相場、アベノミクス)と3度の暴落(アジア通貨危機、ITバブル崩壊、リーマンショック)を経て、500万円の金融資産を1億円近くまで積み上げてきた。


<著書>
今なら間に合う!出遅れ大化け割安株投資法(秀和システム)    出遅れ大化け割安株投資法

〈新〉角山式 副業の株 儲けの方程式(日本実業出版社)      〈新〉角山式 副業の株 儲けの方程式(日本実業出版社)

-->

「生活」にも「投資」にも役立つ 住宅ローン を徹底解剖!

「住宅ローン?」って聞くと、「不動産投資には関係ないでしょ」と思う方も多いのではないでしょうか。確かに住宅ローンというモノは、普通の人が自宅を購入するときに使う、手軽なローンだと考えられています。

ところが、住宅ローンを上手く使うことで
これから不動産投資を始めようとしている方にとって、
優位に投資をスタートさせることができるのです。

現在の不動産市況は、地価の下落やREITの値下がりを始め、不動産は全般的に値下がり基調です。もちろん今後は一般の住宅にも値段の下落が発生してくるでしょう。不動産投資をこれから始めようという方にとっては、この下落相場は、またとないチャンスなのです。なんと言っても、割安な値段で物件を購入できるので、とても良い話ですよね。

このページのトップへ

講師からのメッセージ

アパート経営にはたくさんのリスクがありますよね。なかでも地震や台風のような自然災害や、火災や漏水などのアクシデントは、頑張って築き上げた資産を一瞬にして崩壊させてしまうかもしれない危険なものです。

これらのリスクは、自分がどれだけ努力しても、完全に回避することができない・・というところに一番の怖さがあるように思います。

今回の通信講座では、このほうな回避できないリスクに直面した時でも自分の資産をしっかり防衛する方法を、保険会社での経験を生かしてお伝えします。

リスクの回避だけではなく、収益の面でも貢献するようなお話をしますので、ぜひご期待下さい。

このページのトップへ

こんな方にオススメします

本セミナーでは、REITの基礎知識から、実際の取引までの一連をつかんでいただきます。また、自ら銘柄を選べるようになるための、指標の見方を学んでいただき、即、実践に活かせる内容となっています。

  • REITに興味があったけど仕組がわからなくて手が出せなかった方
  • REITの本を数冊読んだが、いまいち分からなかった方
  • この割安な価格のうちに仕込んでおきたいがどこから初めて良いか分からない方
  • REITの基礎を改めて復習したい方
  • 前回のREIT銘柄徹底分析セミナーが少し難しいと感じた方
  • あなたの不動産投資を別の視点からリスクヘッジしたい方

ぜひ、このセミナーにご参加下さい。REITのすべてが分かるようになるでしょう。

このページのトップへ

受講生の声

前回の「ローコストで空室を埋める技セミナー」参加者から、熱いメッセージを多数いただいております!

  • とても良かったです、
    今後のリフォームにあたっての考え方を変えていきたいと思います。
  • 時代にあった内容が、非常に参考になりました。
  • 今後の参考にできるヒントをいっぱいいただけました!
  • ちょうど和室のリフォームで頭を悩ませてました。今日のセミナーは正に目からウロコの内容でした。
  • ダミーダミーダミーダミー
  • ダミーダミーダミーダミー
  • ダミーダミーダミーダミー
  • ダミーダミーダミーダミー

このページのトップへ

セミナーテキスト

このページのトップへ

カリキュラム

第一部 住宅ローン 最初の一歩

  • 収益マイホームと住宅ローンの関係について。
  • 住宅ローンのここが危ない。あなたのローン選びはまちがえていませんか?
  • 住宅ローンの常識が変わった。住宅ローン最新事情
  • 最初の一歩 基礎知識
    自己資金がいくら必要?諸費用はいくら?
    自己資金が足りない場合は?ローンはいくら借りられるの?
  • 最適ローンの選び方。
    10年返済なら超低金利 20年なら10年固定
    30年超えなら全期間固定
  • 収支のプランニングをしよう。(返済計画編)

講師紹介

住宅問題ジャーナリスト 山下 和之 氏 Kazuyuki Yamashita

1952年生まれ。75年同志社大学を卒業し、編集制作プロダクション入社。
各種雑誌などの取材・原稿制作に携わる。86年独立後、90年株式会社山下事務所を設立。住宅・不動産分野を中心に、専門紙誌・単行本・ポータルサイトの取材・原稿制作のほか、各種通信講座での講演など広範に活動中。

主な著書に『投資用不動産の買い方・儲け方』『マンションを買うときの基礎知識』(ぱる出版)『よくわかる不動産業界』『一戸建て住宅の買い方・選び方』(以上日本実業出版社)、『住宅ローン完全ガイド』(ビジネス教育出版社)、『住宅ローンが危ない』(以上平凡社新書)などがある。

オールアバウトのガイド役もつとめる。

http://allabout.co.jp/house/kkgmansiontoshin/

書籍紹介

中原圭介の資産運用塾
(アスペクト)

日本より世界を見よ!株式投資再入門―世界の動きから投資のタイミングを探り出す
(日本証券新聞社)

株式市場「強者」の論理
(ナツメ社)

 
-->

「生活」にも「投資」にも役立つ 住宅ローン を徹底解剖!

「住宅ローン?」って聞くと、「不動産投資には関係ないでしょ」と思う方も多いのではないでしょうか。確かに住宅ローンというモノは、普通の人が自宅を購入するときに使う、手軽なローンだと考えられています。

ところが、住宅ローンを上手く使うことで
これから不動産投資を始めようとしている方にとって、
優位に投資をスタートさせることができるのです。

現在の不動産市況は、地価の下落やREITの値下がりを始め、不動産は全般的に値下がり基調です。もちろん今後は一般の住宅にも値段の下落が発生してくるでしょう。不動産投資をこれから始めようという方にとっては、この下落相場は、またとないチャンスなのです。なんと言っても、割安な値段で物件を購入できるので、とても良い話ですよね。

このページのトップへ

講師からのメッセージ

アパート経営にはたくさんのリスクがありますよね。なかでも地震や台風のような自然災害や、火災や漏水などのアクシデントは、頑張って築き上げた資産を一瞬にして崩壊させてしまうかもしれない危険なものです。

これらのリスクは、自分がどれだけ努力しても、完全に回避することができない・・というところに一番の怖さがあるように思います。

今回の通信講座では、このほうな回避できないリスクに直面した時でも自分の資産をしっかり防衛する方法を、保険会社での経験を生かしてお伝えします。

リスクの回避だけではなく、収益の面でも貢献するようなお話をしますので、ぜひご期待下さい。

このページのトップへ

こんな方にオススメします

本セミナーでは、REITの基礎知識から、実際の取引までの一連をつかんでいただきます。また、自ら銘柄を選べるようになるための、指標の見方を学んでいただき、即、実践に活かせる内容となっています。

  • REITに興味があったけど仕組がわからなくて手が出せなかった方
  • REITの本を数冊読んだが、いまいち分からなかった方
  • この割安な価格のうちに仕込んでおきたいがどこから初めて良いか分からない方
  • REITの基礎を改めて復習したい方
  • 前回のREIT銘柄徹底分析セミナーが少し難しいと感じた方
  • あなたの不動産投資を別の視点からリスクヘッジしたい方

ぜひ、このセミナーにご参加下さい。REITのすべてが分かるようになるでしょう。

このページのトップへ

受講生の声

前回の「ローコストで空室を埋める技セミナー」参加者から、熱いメッセージを多数いただいております!

  • とても良かったです、
    今後のリフォームにあたっての考え方を変えていきたいと思います。
  • 時代にあった内容が、非常に参考になりました。
  • 今後の参考にできるヒントをいっぱいいただけました!
  • ちょうど和室のリフォームで頭を悩ませてました。今日のセミナーは正に目からウロコの内容でした。
  • ダミーダミーダミーダミー
  • ダミーダミーダミーダミー
  • ダミーダミーダミーダミー
  • ダミーダミーダミーダミー

このページのトップへ

セミナーテキスト

このページのトップへ

カリキュラム

第一部 住宅ローン 最初の一歩

  • 収益マイホームと住宅ローンの関係について。
  • 住宅ローンのここが危ない。あなたのローン選びはまちがえていませんか?
  • 住宅ローンの常識が変わった。住宅ローン最新事情
  • 最初の一歩 基礎知識
    自己資金がいくら必要?諸費用はいくら?
    自己資金が足りない場合は?ローンはいくら借りられるの?
  • 最適ローンの選び方。
    10年返済なら超低金利 20年なら10年固定
    30年超えなら全期間固定
  • 収支のプランニングをしよう。(返済計画編)

講師紹介

住宅問題ジャーナリスト 山下 和之 氏 Kazuyuki Yamashita

1952年生まれ。75年同志社大学を卒業し、編集制作プロダクション入社。
各種雑誌などの取材・原稿制作に携わる。86年独立後、90年株式会社山下事務所を設立。住宅・不動産分野を中心に、専門紙誌・単行本・ポータルサイトの取材・原稿制作のほか、各種通信講座での講演など広範に活動中。

主な著書に『投資用不動産の買い方・儲け方』『マンションを買うときの基礎知識』(ぱる出版)『よくわかる不動産業界』『一戸建て住宅の買い方・選び方』(以上日本実業出版社)、『住宅ローン完全ガイド』(ビジネス教育出版社)、『住宅ローンが危ない』(以上平凡社新書)などがある。

オールアバウトのガイド役もつとめる。

http://allabout.co.jp/house/kkgmansiontoshin/

書籍紹介

中原圭介の資産運用塾
(アスペクト)

日本より世界を見よ!株式投資再入門―世界の動きから投資のタイミングを探り出す
(日本証券新聞社)

株式市場「強者」の論理
(ナツメ社)

 
-->

「生活」にも「投資」にも役立つ 住宅ローン を徹底解剖!

「住宅ローン?」って聞くと、「不動産投資には関係ないでしょ」と思う方も多いのではないでしょうか。確かに住宅ローンというモノは、普通の人が自宅を購入するときに使う、手軽なローンだと考えられています。

ところが、住宅ローンを上手く使うことで
これから不動産投資を始めようとしている方にとって、
優位に投資をスタートさせることができるのです。

現在の不動産市況は、地価の下落やREITの値下がりを始め、不動産は全般的に値下がり基調です。もちろん今後は一般の住宅にも値段の下落が発生してくるでしょう。不動産投資をこれから始めようという方にとっては、この下落相場は、またとないチャンスなのです。なんと言っても、割安な値段で物件を購入できるので、とても良い話ですよね。

このページのトップへ

講師からのメッセージ

アパート経営にはたくさんのリスクがありますよね。なかでも地震や台風のような自然災害や、火災や漏水などのアクシデントは、頑張って築き上げた資産を一瞬にして崩壊させてしまうかもしれない危険なものです。

これらのリスクは、自分がどれだけ努力しても、完全に回避することができない・・というところに一番の怖さがあるように思います。

今回の通信講座では、このほうな回避できないリスクに直面した時でも自分の資産をしっかり防衛する方法を、保険会社での経験を生かしてお伝えします。

リスクの回避だけではなく、収益の面でも貢献するようなお話をしますので、ぜひご期待下さい。

このページのトップへ

こんな方にオススメします

本セミナーでは、REITの基礎知識から、実際の取引までの一連をつかんでいただきます。また、自ら銘柄を選べるようになるための、指標の見方を学んでいただき、即、実践に活かせる内容となっています。

  • REITに興味があったけど仕組がわからなくて手が出せなかった方
  • REITの本を数冊読んだが、いまいち分からなかった方
  • この割安な価格のうちに仕込んでおきたいがどこから初めて良いか分からない方
  • REITの基礎を改めて復習したい方
  • 前回のREIT銘柄徹底分析セミナーが少し難しいと感じた方
  • あなたの不動産投資を別の視点からリスクヘッジしたい方

ぜひ、このセミナーにご参加下さい。REITのすべてが分かるようになるでしょう。

このページのトップへ

受講生の声

前回の「ローコストで空室を埋める技セミナー」参加者から、熱いメッセージを多数いただいております!

  • とても良かったです、
    今後のリフォームにあたっての考え方を変えていきたいと思います。
  • 時代にあった内容が、非常に参考になりました。
  • 今後の参考にできるヒントをいっぱいいただけました!
  • ちょうど和室のリフォームで頭を悩ませてました。今日のセミナーは正に目からウロコの内容でした。
  • ダミーダミーダミーダミー
  • ダミーダミーダミーダミー
  • ダミーダミーダミーダミー
  • ダミーダミーダミーダミー

このページのトップへ

セミナーテキスト

このページのトップへ

カリキュラム

第一部 住宅ローン 最初の一歩

  • 収益マイホームと住宅ローンの関係について。
  • 住宅ローンのここが危ない。あなたのローン選びはまちがえていませんか?
  • 住宅ローンの常識が変わった。住宅ローン最新事情
  • 最初の一歩 基礎知識
    自己資金がいくら必要?諸費用はいくら?
    自己資金が足りない場合は?ローンはいくら借りられるの?
  • 最適ローンの選び方。
    10年返済なら超低金利 20年なら10年固定
    30年超えなら全期間固定
  • 収支のプランニングをしよう。(返済計画編)

講師紹介

住宅問題ジャーナリスト 山下 和之 氏 Kazuyuki Yamashita

1952年生まれ。75年同志社大学を卒業し、編集制作プロダクション入社。
各種雑誌などの取材・原稿制作に携わる。86年独立後、90年株式会社山下事務所を設立。住宅・不動産分野を中心に、専門紙誌・単行本・ポータルサイトの取材・原稿制作のほか、各種通信講座での講演など広範に活動中。

主な著書に『投資用不動産の買い方・儲け方』『マンションを買うときの基礎知識』(ぱる出版)『よくわかる不動産業界』『一戸建て住宅の買い方・選び方』(以上日本実業出版社)、『住宅ローン完全ガイド』(ビジネス教育出版社)、『住宅ローンが危ない』(以上平凡社新書)などがある。

オールアバウトのガイド役もつとめる。

http://allabout.co.jp/house/kkgmansiontoshin/

書籍紹介

中原圭介の資産運用塾
(アスペクト)

日本より世界を見よ!株式投資再入門―世界の動きから投資のタイミングを探り出す
(日本証券新聞社)

株式市場「強者」の論理
(ナツメ社)

 
-->

「生活」にも「投資」にも役立つ 住宅ローン を徹底解剖!

「住宅ローン?」って聞くと、「不動産投資には関係ないでしょ」と思う方も多いのではないでしょうか。確かに住宅ローンというモノは、普通の人が自宅を購入するときに使う、手軽なローンだと考えられています。

ところが、住宅ローンを上手く使うことで
これから不動産投資を始めようとしている方にとって、
優位に投資をスタートさせることができるのです。

現在の不動産市況は、地価の下落やREITの値下がりを始め、不動産は全般的に値下がり基調です。もちろん今後は一般の住宅にも値段の下落が発生してくるでしょう。不動産投資をこれから始めようという方にとっては、この下落相場は、またとないチャンスなのです。なんと言っても、割安な値段で物件を購入できるので、とても良い話ですよね。

このページのトップへ

講師からのメッセージ

アパート経営にはたくさんのリスクがありますよね。なかでも地震や台風のような自然災害や、火災や漏水などのアクシデントは、頑張って築き上げた資産を一瞬にして崩壊させてしまうかもしれない危険なものです。

これらのリスクは、自分がどれだけ努力しても、完全に回避することができない・・というところに一番の怖さがあるように思います。

今回の通信講座では、このほうな回避できないリスクに直面した時でも自分の資産をしっかり防衛する方法を、保険会社での経験を生かしてお伝えします。

リスクの回避だけではなく、収益の面でも貢献するようなお話をしますので、ぜひご期待下さい。

このページのトップへ

こんな方にオススメします

本セミナーでは、REITの基礎知識から、実際の取引までの一連をつかんでいただきます。また、自ら銘柄を選べるようになるための、指標の見方を学んでいただき、即、実践に活かせる内容となっています。

  • REITに興味があったけど仕組がわからなくて手が出せなかった方
  • REITの本を数冊読んだが、いまいち分からなかった方
  • この割安な価格のうちに仕込んでおきたいがどこから初めて良いか分からない方
  • REITの基礎を改めて復習したい方
  • 前回のREIT銘柄徹底分析セミナーが少し難しいと感じた方
  • あなたの不動産投資を別の視点からリスクヘッジしたい方

ぜひ、このセミナーにご参加下さい。REITのすべてが分かるようになるでしょう。

このページのトップへ

受講生の声

前回の「ローコストで空室を埋める技セミナー」参加者から、熱いメッセージを多数いただいております!

  • とても良かったです、
    今後のリフォームにあたっての考え方を変えていきたいと思います。
  • 時代にあった内容が、非常に参考になりました。
  • 今後の参考にできるヒントをいっぱいいただけました!
  • ちょうど和室のリフォームで頭を悩ませてました。今日のセミナーは正に目からウロコの内容でした。
  • ダミーダミーダミーダミー
  • ダミーダミーダミーダミー
  • ダミーダミーダミーダミー
  • ダミーダミーダミーダミー

このページのトップへ

セミナーテキスト

このページのトップへ

カリキュラム

第一部 住宅ローン 最初の一歩

  • 収益マイホームと住宅ローンの関係について。
  • 住宅ローンのここが危ない。あなたのローン選びはまちがえていませんか?
  • 住宅ローンの常識が変わった。住宅ローン最新事情
  • 最初の一歩 基礎知識
    自己資金がいくら必要?諸費用はいくら?
    自己資金が足りない場合は?ローンはいくら借りられるの?
  • 最適ローンの選び方。
    10年返済なら超低金利 20年なら10年固定
    30年超えなら全期間固定
  • 収支のプランニングをしよう。(返済計画編)

講師紹介

住宅問題ジャーナリスト 山下 和之 氏 Kazuyuki Yamashita

1952年生まれ。75年同志社大学を卒業し、編集制作プロダクション入社。
各種雑誌などの取材・原稿制作に携わる。86年独立後、90年株式会社山下事務所を設立。住宅・不動産分野を中心に、専門紙誌・単行本・ポータルサイトの取材・原稿制作のほか、各種通信講座での講演など広範に活動中。

主な著書に『投資用不動産の買い方・儲け方』『マンションを買うときの基礎知識』(ぱる出版)『よくわかる不動産業界』『一戸建て住宅の買い方・選び方』(以上日本実業出版社)、『住宅ローン完全ガイド』(ビジネス教育出版社)、『住宅ローンが危ない』(以上平凡社新書)などがある。

オールアバウトのガイド役もつとめる。

http://allabout.co.jp/house/kkgmansiontoshin/

書籍紹介

中原圭介の資産運用塾
(アスペクト)

日本より世界を見よ!株式投資再入門―世界の動きから投資のタイミングを探り出す
(日本証券新聞社)

株式市場「強者」の論理
(ナツメ社)

 
-->

「生活」にも「投資」にも役立つ 住宅ローン を徹底解剖!

「住宅ローン?」って聞くと、「不動産投資には関係ないでしょ」と思う方も多いのではないでしょうか。確かに住宅ローンというモノは、普通の人が自宅を購入するときに使う、手軽なローンだと考えられています。

ところが、住宅ローンを上手く使うことで
これから不動産投資を始めようとしている方にとって、
優位に投資をスタートさせることができるのです。

現在の不動産市況は、地価の下落やREITの値下がりを始め、不動産は全般的に値下がり基調です。もちろん今後は一般の住宅にも値段の下落が発生してくるでしょう。不動産投資をこれから始めようという方にとっては、この下落相場は、またとないチャンスなのです。なんと言っても、割安な値段で物件を購入できるので、とても良い話ですよね。

このページのトップへ

講師からのメッセージ

アパート経営にはたくさんのリスクがありますよね。なかでも地震や台風のような自然災害や、火災や漏水などのアクシデントは、頑張って築き上げた資産を一瞬にして崩壊させてしまうかもしれない危険なものです。

これらのリスクは、自分がどれだけ努力しても、完全に回避することができない・・というところに一番の怖さがあるように思います。

今回の通信講座では、このほうな回避できないリスクに直面した時でも自分の資産をしっかり防衛する方法を、保険会社での経験を生かしてお伝えします。

リスクの回避だけではなく、収益の面でも貢献するようなお話をしますので、ぜひご期待下さい。

このページのトップへ

こんな方にオススメします

本セミナーでは、REITの基礎知識から、実際の取引までの一連をつかんでいただきます。また、自ら銘柄を選べるようになるための、指標の見方を学んでいただき、即、実践に活かせる内容となっています。

  • REITに興味があったけど仕組がわからなくて手が出せなかった方
  • REITの本を数冊読んだが、いまいち分からなかった方
  • この割安な価格のうちに仕込んでおきたいがどこから初めて良いか分からない方
  • REITの基礎を改めて復習したい方
  • 前回のREIT銘柄徹底分析セミナーが少し難しいと感じた方
  • あなたの不動産投資を別の視点からリスクヘッジしたい方

ぜひ、このセミナーにご参加下さい。REITのすべてが分かるようになるでしょう。

このページのトップへ

受講生の声

前回の「ローコストで空室を埋める技セミナー」参加者から、熱いメッセージを多数いただいております!

  • とても良かったです、
    今後のリフォームにあたっての考え方を変えていきたいと思います。
  • 時代にあった内容が、非常に参考になりました。
  • 今後の参考にできるヒントをいっぱいいただけました!
  • ちょうど和室のリフォームで頭を悩ませてました。今日のセミナーは正に目からウロコの内容でした。
  • ダミーダミーダミーダミー
  • ダミーダミーダミーダミー
  • ダミーダミーダミーダミー
  • ダミーダミーダミーダミー

このページのトップへ

セミナーテキスト

このページのトップへ

カリキュラム

第一部 住宅ローン 最初の一歩

  • 収益マイホームと住宅ローンの関係について。
  • 住宅ローンのここが危ない。あなたのローン選びはまちがえていませんか?
  • 住宅ローンの常識が変わった。住宅ローン最新事情
  • 最初の一歩 基礎知識
    自己資金がいくら必要?諸費用はいくら?
    自己資金が足りない場合は?ローンはいくら借りられるの?
  • 最適ローンの選び方。
    10年返済なら超低金利 20年なら10年固定
    30年超えなら全期間固定
  • 収支のプランニングをしよう。(返済計画編)

講師紹介

住宅問題ジャーナリスト 山下 和之 氏 Kazuyuki Yamashita

1952年生まれ。75年同志社大学を卒業し、編集制作プロダクション入社。
各種雑誌などの取材・原稿制作に携わる。86年独立後、90年株式会社山下事務所を設立。住宅・不動産分野を中心に、専門紙誌・単行本・ポータルサイトの取材・原稿制作のほか、各種通信講座での講演など広範に活動中。

主な著書に『投資用不動産の買い方・儲け方』『マンションを買うときの基礎知識』(ぱる出版)『よくわかる不動産業界』『一戸建て住宅の買い方・選び方』(以上日本実業出版社)、『住宅ローン完全ガイド』(ビジネス教育出版社)、『住宅ローンが危ない』(以上平凡社新書)などがある。

オールアバウトのガイド役もつとめる。

http://allabout.co.jp/house/kkgmansiontoshin/

書籍紹介

中原圭介の資産運用塾
(アスペクト)

日本より世界を見よ!株式投資再入門―世界の動きから投資のタイミングを探り出す
(日本証券新聞社)

株式市場「強者」の論理
(ナツメ社)

 
-->

「生活」にも「投資」にも役立つ 住宅ローン を徹底解剖!

「住宅ローン?」って聞くと、「不動産投資には関係ないでしょ」と思う方も多いのではないでしょうか。確かに住宅ローンというモノは、普通の人が自宅を購入するときに使う、手軽なローンだと考えられています。

ところが、住宅ローンを上手く使うことで
これから不動産投資を始めようとしている方にとって、
優位に投資をスタートさせることができるのです。

現在の不動産市況は、地価の下落やREITの値下がりを始め、不動産は全般的に値下がり基調です。もちろん今後は一般の住宅にも値段の下落が発生してくるでしょう。不動産投資をこれから始めようという方にとっては、この下落相場は、またとないチャンスなのです。なんと言っても、割安な値段で物件を購入できるので、とても良い話ですよね。

このページのトップへ

講師からのメッセージ

アパート経営にはたくさんのリスクがありますよね。なかでも地震や台風のような自然災害や、火災や漏水などのアクシデントは、頑張って築き上げた資産を一瞬にして崩壊させてしまうかもしれない危険なものです。

これらのリスクは、自分がどれだけ努力しても、完全に回避することができない・・というところに一番の怖さがあるように思います。

今回の通信講座では、このほうな回避できないリスクに直面した時でも自分の資産をしっかり防衛する方法を、保険会社での経験を生かしてお伝えします。

リスクの回避だけではなく、収益の面でも貢献するようなお話をしますので、ぜひご期待下さい。

このページのトップへ

こんな方にオススメします

本セミナーでは、REITの基礎知識から、実際の取引までの一連をつかんでいただきます。また、自ら銘柄を選べるようになるための、指標の見方を学んでいただき、即、実践に活かせる内容となっています。

  • REITに興味があったけど仕組がわからなくて手が出せなかった方
  • REITの本を数冊読んだが、いまいち分からなかった方
  • この割安な価格のうちに仕込んでおきたいがどこから初めて良いか分からない方
  • REITの基礎を改めて復習したい方
  • 前回のREIT銘柄徹底分析セミナーが少し難しいと感じた方
  • あなたの不動産投資を別の視点からリスクヘッジしたい方

ぜひ、このセミナーにご参加下さい。REITのすべてが分かるようになるでしょう。

このページのトップへ

受講生の声

前回の「ローコストで空室を埋める技セミナー」参加者から、熱いメッセージを多数いただいております!

  • とても良かったです、
    今後のリフォームにあたっての考え方を変えていきたいと思います。
  • 時代にあった内容が、非常に参考になりました。
  • 今後の参考にできるヒントをいっぱいいただけました!
  • ちょうど和室のリフォームで頭を悩ませてました。今日のセミナーは正に目からウロコの内容でした。
  • ダミーダミーダミーダミー
  • ダミーダミーダミーダミー
  • ダミーダミーダミーダミー
  • ダミーダミーダミーダミー

このページのトップへ

セミナーテキスト

このページのトップへ

カリキュラム

第一部 住宅ローン 最初の一歩

  • 収益マイホームと住宅ローンの関係について。
  • 住宅ローンのここが危ない。あなたのローン選びはまちがえていませんか?
  • 住宅ローンの常識が変わった。住宅ローン最新事情
  • 最初の一歩 基礎知識
    自己資金がいくら必要?諸費用はいくら?
    自己資金が足りない場合は?ローンはいくら借りられるの?
  • 最適ローンの選び方。
    10年返済なら超低金利 20年なら10年固定
    30年超えなら全期間固定
  • 収支のプランニングをしよう。(返済計画編)

講師紹介

住宅問題ジャーナリスト 山下 和之 氏 Kazuyuki Yamashita

1952年生まれ。75年同志社大学を卒業し、編集制作プロダクション入社。
各種雑誌などの取材・原稿制作に携わる。86年独立後、90年株式会社山下事務所を設立。住宅・不動産分野を中心に、専門紙誌・単行本・ポータルサイトの取材・原稿制作のほか、各種通信講座での講演など広範に活動中。

主な著書に『投資用不動産の買い方・儲け方』『マンションを買うときの基礎知識』(ぱる出版)『よくわかる不動産業界』『一戸建て住宅の買い方・選び方』(以上日本実業出版社)、『住宅ローン完全ガイド』(ビジネス教育出版社)、『住宅ローンが危ない』(以上平凡社新書)などがある。

オールアバウトのガイド役もつとめる。

http://allabout.co.jp/house/kkgmansiontoshin/

書籍紹介

中原圭介の資産運用塾
(アスペクト)

日本より世界を見よ!株式投資再入門―世界の動きから投資のタイミングを探り出す
(日本証券新聞社)

株式市場「強者」の論理
(ナツメ社)

 
-->

「生活」にも「投資」にも役立つ 住宅ローン を徹底解剖!

「住宅ローン?」って聞くと、「不動産投資には関係ないでしょ」と思う方も多いのではないでしょうか。確かに住宅ローンというモノは、普通の人が自宅を購入するときに使う、手軽なローンだと考えられています。

ところが、住宅ローンを上手く使うことで
これから不動産投資を始めようとしている方にとって、
優位に投資をスタートさせることができるのです。

現在の不動産市況は、地価の下落やREITの値下がりを始め、不動産は全般的に値下がり基調です。もちろん今後は一般の住宅にも値段の下落が発生してくるでしょう。不動産投資をこれから始めようという方にとっては、この下落相場は、またとないチャンスなのです。なんと言っても、割安な値段で物件を購入できるので、とても良い話ですよね。

このページのトップへ

講師からのメッセージ

アパート経営にはたくさんのリスクがありますよね。なかでも地震や台風のような自然災害や、火災や漏水などのアクシデントは、頑張って築き上げた資産を一瞬にして崩壊させてしまうかもしれない危険なものです。

これらのリスクは、自分がどれだけ努力しても、完全に回避することができない・・というところに一番の怖さがあるように思います。

今回の通信講座では、このほうな回避できないリスクに直面した時でも自分の資産をしっかり防衛する方法を、保険会社での経験を生かしてお伝えします。

リスクの回避だけではなく、収益の面でも貢献するようなお話をしますので、ぜひご期待下さい。

このページのトップへ

こんな方にオススメします

本セミナーでは、REITの基礎知識から、実際の取引までの一連をつかんでいただきます。また、自ら銘柄を選べるようになるための、指標の見方を学んでいただき、即、実践に活かせる内容となっています。

  • REITに興味があったけど仕組がわからなくて手が出せなかった方
  • REITの本を数冊読んだが、いまいち分からなかった方
  • この割安な価格のうちに仕込んでおきたいがどこから初めて良いか分からない方
  • REITの基礎を改めて復習したい方
  • 前回のREIT銘柄徹底分析セミナーが少し難しいと感じた方
  • あなたの不動産投資を別の視点からリスクヘッジしたい方

ぜひ、このセミナーにご参加下さい。REITのすべてが分かるようになるでしょう。

このページのトップへ

受講生の声

前回の「ローコストで空室を埋める技セミナー」参加者から、熱いメッセージを多数いただいております!

  • とても良かったです、
    今後のリフォームにあたっての考え方を変えていきたいと思います。
  • 時代にあった内容が、非常に参考になりました。
  • 今後の参考にできるヒントをいっぱいいただけました!
  • ちょうど和室のリフォームで頭を悩ませてました。今日のセミナーは正に目からウロコの内容でした。
  • ダミーダミーダミーダミー
  • ダミーダミーダミーダミー
  • ダミーダミーダミーダミー
  • ダミーダミーダミーダミー

このページのトップへ

セミナーテキスト

このページのトップへ

カリキュラム

第一部 住宅ローン 最初の一歩

  • 収益マイホームと住宅ローンの関係について。
  • 住宅ローンのここが危ない。あなたのローン選びはまちがえていませんか?
  • 住宅ローンの常識が変わった。住宅ローン最新事情
  • 最初の一歩 基礎知識
    自己資金がいくら必要?諸費用はいくら?
    自己資金が足りない場合は?ローンはいくら借りられるの?
  • 最適ローンの選び方。
    10年返済なら超低金利 20年なら10年固定
    30年超えなら全期間固定
  • 収支のプランニングをしよう。(返済計画編)

講師紹介

住宅問題ジャーナリスト 山下 和之 氏 Kazuyuki Yamashita

1952年生まれ。75年同志社大学を卒業し、編集制作プロダクション入社。
各種雑誌などの取材・原稿制作に携わる。86年独立後、90年株式会社山下事務所を設立。住宅・不動産分野を中心に、専門紙誌・単行本・ポータルサイトの取材・原稿制作のほか、各種通信講座での講演など広範に活動中。

主な著書に『投資用不動産の買い方・儲け方』『マンションを買うときの基礎知識』(ぱる出版)『よくわかる不動産業界』『一戸建て住宅の買い方・選び方』(以上日本実業出版社)、『住宅ローン完全ガイド』(ビジネス教育出版社)、『住宅ローンが危ない』(以上平凡社新書)などがある。

オールアバウトのガイド役もつとめる。

http://allabout.co.jp/house/kkgmansiontoshin/

書籍紹介

中原圭介の資産運用塾
(アスペクト)

日本より世界を見よ!株式投資再入門―世界の動きから投資のタイミングを探り出す
(日本証券新聞社)

株式市場「強者」の論理
(ナツメ社)

 

このページのトップへ

受講料返金制度

このセミナーを受講になられて、「受講料が回収できるほどの内容がなかった」とお感じになられましたら、一週間以内にご連絡ください。お支払いいただいた受講料を、全額返金させて頂きます。

この制度は、当校企画のセミナーを受講になられた全ての方にご満足頂けるために、当校規定の講師選別を行い、リハーサルを行い、さらに講義クォリティを高める努力を日々行っている当校だからこそ、自信を持って付けることの出来る制度ですので、安心してお申し込みくださいませ。

受講料返金制度についてはこちら

このページのトップへ

19/02/02 Corda Bootcamp Tokyo 2019
日時 2019年2月2日(土) 10:00-18:00 〜終了しました〜
まずはこちらの無料講座がおすすめです
開催場所

東京・丸の内本校 丸の内vacans
東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル

交通JR「有楽町駅」中央西口より徒歩2分東京メトロ有楽町線「有楽町駅」D1出口直結都営地下鉄三田線「日比谷駅」B4出口直結東京メトロ日比谷線・千代田線「日比谷駅」東京メトロ千代田線「二重橋前駅」より徒歩7分JR「東京駅」丸の内南口より徒歩12分
地図は下記をご覧ください。
https://www.f-academy.jp/upimage/marunouchi_v.html

<注意事項> * 上記から送信が上手くいかない場合、お名前・電話番号・参加人数をご記入の上 info@jfa.ac へお願いします。件名には「19/02/02 Corda Bootcamp Tokyo 2019セミナー参加メール」とご記入頂ければ幸いです。ご住所の記入をされたくない方もこちらからお願いします。 * セミナー内容、講師が変更になる場合がございます。 * ネットワークビジネス、宗教、その他営業行為等は禁止いたします。 * 3営業日前以降のキャンセルはご返金できませんのでご注意下さい。 * 講義中の録音、録画等はご遠慮頂いております。 * 一定人数に達しない場合、または講師の急病などにより、セミナーの開講を、延期または中止する場合があります。 * 詳細につきましては、ファイナンシャルアカデミー セミナー規約(詳しくはこちら)をご覧下さい。

このページのトップへ


スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

問合せ前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問合せはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申込み/講座内容や受講に関して

    0120-104-384受付:9-21時 [月-金]・10-19時 [土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル

    0120-104-749受付:9-21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問合せ

    0120-104-749受付:10-19時[月-土]

ページトップに戻る