今すぐセミナーを申込む(無料)
新NISAスタート!
将来、後悔したくない人のための最短90分でわかる 将来、後悔したくない人のための最短90分でわかる

新NISA丸わかりセミナー

受講料無料
動画セミナー
教室・Zoomセミナー

投資を味方につけて、将来必要なお金を準備したい…でも、結局損をしてしまいそうで怖い
そんな、
“安定志向の投資家”のための
セミナーです。

銀行預金だけでは、お金がほとんど増えない時代。
公的年金だけでは、老後の生活費が大幅に足りない時代。
物価はどんどん上昇するのに、収入はなかなか伸びない時代。

資産運用の重要性は痛いほどわかっているけれど、結局まだ取り組めていない。
NISAで積立投資を始めてみてはいるけれど、自分の選択が正しいのか自信が持てない。
そんな人は少なくありません。

資産運用は、うまく味方にできれば預金や保険よりも効率よくお金を増やすことができますが、判断を間違えると、増えるどころか損失が出てしまうという「諸刃の剣」。
だから慎重になるのはある意味、当然のこと。
誰だって将来のための大切なお金を減らしたくはないはずです。


“NISA制度のメリット”
しっかり活かす

株式投資や投資信託で得た利益が非課税になるNISA制度。
2024年からは「新NISA」として生まれ変わり、制度が恒久化するとともに大幅に拡充されました。

「貯蓄から投資へ」という流れに後押しされたこれらの制度のメリットをしっかり活用していけるかどうかは、あなた自身にかかっています。

扉が開かれているのに、資産運用に苦手意識を持ったまま過ごすのはもったいない!

10年後に後悔しないために、資産運用で堅実にお金を増やしたい。そんな、将来を見据えた「安定志向の投資家」のためのセミナーです。

こんな人におすすめです

NISAを始めたいと思っているけれど…

  • 制度がいまいち理解できず、始める踏ん切りがつかない
  • つみたて投資枠と成長投資枠の違いがわからず迷う
  • 口座開設はしたけれど、何を買えばよいのかわからない
  • ネットやYouTubeのおすすめ商品を信じていいのか不安

すでに資産運用をやっているけれど…

  • なんとなく積立を続けているが、思うような利益が出ていない
  • つみたて投資枠や成長投資枠のメリットを活かせている実感がない
  • もう少し投資金額を増やしたいけど、損するのが怖い
  • 「新NISA」を徹底活用したい

1つでも当てはまった人は

今すぐセミナーを申込む(無料)

新NISA丸わかりセミナー
学べること

1分でわかる
新NISA丸わかりセミナー

資産運用を味方にして
将来不安を解消
できたら、
どんなことを実現したいですか?

資産運用を味方につけることで
実現できるのは
将来不安の解消だけではありません。

家計にも、気持ちにもゆとりが生まれたり、
仕事以外にも収入があるという安心感を得られたり、
経済へのアンテナを張ることで
知的好奇心が高まったり…

金銭的な利益だけにとどまらない、
かけがえのないリターン
得ることができるのです。

ファイナンシャルアカデミーが、
それらを手に入れるための
お金の勉強を全力でサポートします!

今すぐセミナーを申込む(無料)

講師紹介

小野原 薫

小野原 薫Kaoru Onohara

ファイナンシャルプランナー
相続診断士

ファイナンシャルプランナー。相続診断士。大手証券会社で資産運用業務に従事する中、顧客目線の中立的な金融経済教育に意義を感じファイナンシャルアカデミーに参画。専門知識と親しみあるキャラクターを活かし、授業のみならず各種メディアでも活躍中。
【メディア出演実績】おはよう日本(NHK)日曜日の初耳学(MBS)、Live News it!(フジテレビ)、他多数

ファイナンシャルアカデミー
セミナー受講生の声

※ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」の受講生の感想です。

Annyさん

Annyさん

女性・40代・兵庫県

お金の教養講座

夢中になってメモを取りました

将来について不安になった私は、暮らしの中のお金、税金、給与以外の収入の手段など、お金に関する様々なことを知りたいと思い、情報を検索する中で、ファイナンシャルアカデミーにたどり着きました。
「お金の教養講座」での話は、私が聞きたかった話ばかりで、夢中になってメモを取ったことを今でもよく覚えていますし、その時のメモは初心を思い出すために今でも時々見返すほどです。

渡辺陽一さん

渡辺 陽一さん

男性・千葉県

お金の教養講座

投資に対する考え方がガラッと変わりました

結婚を機にお金の不安を強く感じ始めました。そんな時、ファイナンシャルアカデミーの「お金の教養講座」を知りました。無料で投資の基礎が学べるということで、妻と一緒に受講しました。受講してみて、自分がお金に対して偏った知識を持っていることを実感。妻はそれまで、「投資はギャンブル」「怖い」というイメージを持っていたのですが、受講したことで考え方が大きく変わったようで「投資の勉強、面白そうだね!」と背中を押してくれました。

コロンさん

コロンさん

男性・30代・埼玉県

お金の教養講座

面白い!と一歩踏み出すキッカケに

株に興味はあったものの、ただ漠然と「コワイ」というイメージで取り組めていませんでした。そんな時、ファイナンシャルアカデミーの「お金の教養講座」を見つけて、受講しました。教室には40人くらいの受講生がいて、やっぱりみんな投資の勉強しようと思っているんだな、と感じたのを覚えています。体験セミナーで株の基礎知識を学んだことで、コワイと思っていたのは具体的なイメージを持てていなかったからだとわかり、「面白そうだ、やってみたい!」と、一歩踏み出す気持ちになれました。

ちいさん

ちいさん

女性・30代

お金の教養講座

ワクワクした気持ちになれました

これまで、お金を貯めるという考えはありましたが、「お金を増やす」ことについて、具体的な方法を考えたことはありませんでした。「お金の教養講座」を受けたことで、色々な投資法があることを知り、同時に、会社の給料だけでやっていける時代ではないことにも気付きました。もともと勉強は好きな方で、お金について学んでみたかったのと、社会人になって毎日変わらない日々を送っていたので、新しいことを学ぶことで、日々の生活に変化があるかもしれない!と、ワクワクとした気持ちになれました。

小野稜太さん

小野 稜太さん

男性・30代・東京都

お金の教養講座

私でもできる!と一気に関心が高まりました

勤めていた会社の社長がファイナンシャルアカデミーの体験会に参加し、「投資の勉強にもなるし、講師の話がとても面白かったよ!」と教えてくれ、私も「お金の教養講座」を受講することにしました。実際に受講してみると、社長の言う通り、講師の話が本当に面白かったので、一気に投資への関心が高まりました。また、自分と同じ様な環境から資産を築かれた講師の経歴を聞き「私にもできるかもしれない!」と思ったことを今でも鮮明に覚えています。

新NISA丸わかりセミナー
申込みフォーム受講料
無料

将来、後悔したくない人のための 新NISA丸わかりセミナー 学べる3つのこと #つみたてNISAや「新NISA」の賢い活用法 #株や投資信託で失敗しないためのルール #10年後を見据え安定的に利益を出すコツ 授業時間1時間30分
  • 新NISA
  • 投資信託
  • 安定志向

資産運用を味方につけて将来必要なお金を堅実に準備したい。そんな安定志向の投資家が、「新NISA」の制度を理解し、徹底活用するためのセミナーです。

こんな人におすすめ

  • NISAを始めたいと思っているけれど、制度がいまいち理解できていない
  • なんとなく積立を続けているけれど、思うような利益が出ていない
  • 「新NISA」を徹底活用するために準備を整えておきたい

▼ 希望の日程・受講方法を選択してください

最新の知識を直接教室で学びたい方は教室セミナー、好きな場所からリアルタイムに学びたい方はZoomセミナーへの参加がおすすめです。

受講方法

▼教室セミナー

下記会場で直接セミナーに参加ください。

<丸の内本校へのアクセス>
・JR「有楽町駅」より徒歩3分
・東京メトロ「有楽町駅」D1出口直結
・都営地下鉄、東京メトロ、千代田線「日比谷駅」D1出口直結

  1. 教室参加時のマスク着用はご自身の判断にてお願いいたします。
    授業中は可能な限り換気を行います。
  2. 講座受付時の体温チェック/手指の消毒は任意といたします。利用する机・ドアノブ等の消毒・殺菌は講座ごとに徹底します。
  3. 体調がすぐれない場合や発熱時は、ご自身の判断にて教室への参加を控えていただくようお願いします。

▼Zoomセミナー(オンライン開催)

オンライン会議システムの「Zoom」を使って、生放送でLIVE配信される授業に参加することができます。
※受講方法は申込後にメールでお知らせします。

ファイナンシャルアカデミー受講規約

第1条(定義)

この受講規約(以下『本規約』)は株式会社FinancialAcademy(以下、『当校』)が提供する教室授業、Zoom授業、動画授業を受ける際のルール等を定めるものです。

第2条(禁止事項)

  • 1. 授業内容の録音、録画、写真撮影等はお控えください。
  • 2. 授業は申込者のみ受講できます。複数人での視聴はお控えください。
  • 3. 企業・団体による受講は、他の受講生に迷惑がかかる場合があるため、事前の許可がある場合を除いてお断りしています。
  • 4. 受講に必要なID、パスワード、URL等の譲渡及び貸与は一切禁止します。譲渡及び貸与の事実が発覚した場合は、当校は受講生に対して、本サービスの全部もしくは一部の利用を制限することができるものとします。
  • 5. 当日及び後日のネットワークビジネス、投資、宗教等の勧誘行為は一切禁止します。
  • 6. 以下に該当する人は、円滑な授業運営のため、受講をお断りする場合があります。
  • ・授業を録音、録画、写真撮影等した人
  • ・教科書や授業で使用する資料の転写・複写または、ウェブサイト等へ公開した人
  • ・ネットワークビジネス、投資、宗教等の勧誘目的の人※
  • ・他の受講生や講師に対し、暴言、暴力、セクハラ行為、プライバシーを侵害する行為等を行った人
  • ・受講に必要なID、パスワード、URL等を譲渡及び貸与した人
  • ・ひとつの受講権利を使い、複数人で受講した人
  • ・授業の進行に支障をきたす言動をする人
  • ・明らかに体調不良の人、居眠りをしている人、飲酒している人
  • ・立ち入り禁止エリアへ不当に侵入した人
  • ・その他、当校の運営上、事務局が不適切と判断した人

※当校では、受講生間における当日及び後日のネットワークビジネス、投資、宗教等の勧誘行為を一切禁止しています。これらに該当する営業・勧誘を受けた際は、事務局までお知らせください。
これらの勧誘行為が発覚した場合、受講生への迷惑、及び当校の信用が大きく毀損する悪質な行為として然るべき対処をさせていただきます。
被害を最小限に抑えるため、次の方法にて名前・斡旋先名・企業名などを公開する場合があります。

  • ・教室やイベント会場での掲示
  • ・当校ウェブサイトへの掲載
  • ・受講生へのメール送付等

第3条(教室授業)

教室授業は下記のルール等に基づいて開催されます。

  • ・最低開催人数は5名とします。
  • ・開催3日前の時点で、開催予定講座の予約人数が5名を下回る場合、講座の開催を中止する場合があります。
  • ・開催時期や、授業内容・講師は、急病、天候、災害、その他やむを得ない事情により予告なく変更される場合があります。
  • ・授業中のパソコンの使用や撮影は原則禁止とさせていただきます。一部の使用が許可されたスクール・講座におきましても、タイプ音や撮影音などが他の受講生の迷惑にならないようにご注意ください。
  • ・15歳未満の方については、他の受講生の集中を妨げる可能性があるため入室をお断りします。
  • ・資料は授業に参加した人にのみ配布します。
  • ・授業中に、当校及び当校グループのウェブサイト等に開催報告を掲載するための写真撮影や、講師トレーニングのための映像撮影をする場合があります。最大限、個人が特定されない写真を使用させていただきますが、万が一写真の変更希望がある場合には、事務局までご連絡ください。

第4条(Zoom授業)

Zoom授業は下記のルール等に基づいて開催されます。

  • ・補助資料がある講座について、補助資料は、事前の案内を確認のうえご準備ください。
  • ・最低開催人数は5名とします。
  • ・開催3日前の時点で、開催予定講座の予約人数が5名を下回る場合、講座の開催を中止する場合があります。
  • ・授業内容や講師は、急病、天候、災害、その他やむを得ない事情により予告なく変更される場合があります。
  • ・当校は、システム若しくは通信回線等の障害又は停電、騒乱、火災若しくは天災地変等の不可抗力によって、予告なくサービスの一部又は全部の提供を一時停止することがあります。
  • ・当校は、当校または当校から委託を受けた者が前項に基づく修理又は復旧を行っている間、受講生が動画視聴できないことについて、当校に故意又は重過失がある場合を除き、一切責任を負わないものとします。

第5条(動画授業)

動画授業は下記のルール等に基づいて開催されます。

  • ・補助資料がある講座については、マイページの動画授業受講画面から確認できます。
  • ・配信される授業や公開の時期は、急病、天候、災害、その他やむを得ない事情により予告なく変更される場合があります。
  • ・当校は、システム若しくは通信回線等の障害又は停電、騒乱、火災若しくは天災地変等の不可抗力によって、予告なくサービスの一部又は全部の提供を一時停止することがあります。
  • ・当校は、当校または当校から委託を受けた者が前項に基づく修理又は復旧を行っている間、受講生が動画視聴できないことについて、当校に故意又は重過失がある場合を除き、一切責任を負わないものとします。
  • 2006年1月1日制定・施行
  • 本規約は、2018年6月1日より改定されました。
  • 本規約は、2019年3月15日より改定されました。
  • 本規約は、2019年11月11日より改定されました。
  • 本規約は、2020年7月1日より改定されました。
  • 本規約は、2021年1月5日より改定されました。
  • 本規約は、2022年1月6日より改定されました。
  • 本規約は、2022年4月1日より改定されました。
  • 本規約は、2022年9月1日より改定されました。
  • 本規約は、2024年4月1日より改定されました。

ファイナンシャルアカデミー
について

ファイナンシャルアカデミーは
「お金の教養」を身につけるための
日本最大級の総合マネースクールです。

開講年数No.1|受講生数No.1|受講生満足度98.7%

※調査実施期間:2021年9月21日〜2021年10月1日 ■開校年数:開校からの年数及び事業の継続期間 ■累計受講生数:開校から調査時点までの、講座受講申込者の総数。■受講生満足度:2021年上半期の有料講座が対象。当校調べ。■調査範囲:日本国内 ■第三者機関名:株式会社 ESP総研 調べ(2021年10月1日時点)

ファイナンシャルアカデミーグループロゴ
講師イメージ
受講イメージ
新宿校受講イメージ

2002年の創立以来、東京校・ニューヨーク校・オンライン校を通じて年間で累計万人が、お金の貯め方、使い方といった身近な生活のお金から、会計、経済などの学問的視点、株式投資や不動産投資などの資産運用まで、独自のカリキュラムで体系的に学んでいます。

私たちは、投資信託も株式も、保険も不動産も売りません。金融商品の販売や紹介を行わない当校の運営は、すべて授業料で成り立っています。授業料をいただく代わりに、受講生にとって本当に有益な情報のみを中立性ある立場で提供しています。
これが、私たち教育機関としてのこだわりです。さらに中立性に加えて、客観性を保つため、経済・金融・教育・法務の各分野における有識者で構成されたアドバイザリーボードを設置しています。

誰もが一生の付き合いとなるお金。義務教育で教わらない「お金の教養」を正しく学び、育むことで、受講生一人ひとりが目標を達成し、それぞれの夢に近づいていく。そのための徹底した教育への「こだわり」と「想い」が、多くの受講生から支持されています。

ファイナンシャルアカデミーは、
「すべての人に、お金の教養®を。」というミッションのもと、
1人ひとりが豊かな生活を送るための、正しいお金の知識を普及させる活動をしてきました。

採用企業数100社超

多くの学校や企業で授業・研修を実施。実践につながるカリキュラムが評価されています。

  • 品川女子学院高等部での家庭科の授業でも毎年「お金の授業」を実施。

  • Jリーグのチームへの「お金の教養講座」を開催。アスリートのセカンドキャリアを応援!

  • 公的年金の運用を管轄する厚生労働省年金局でも研修を実施。

累計160万部超

お金の教養を高める書籍をこれまで100冊以上出版しています。

TVや新聞など数多くのメディアからの取材実績があります。

NHK『あさイチ』/フジテレビ『Live News it!』/テレビ東京『WBS』/フジテレビ『Mr.サンデー』/MBS毎日放送 『日曜日の初耳学』/TBS『サンデー・ジャポン』/『朝日新聞DIGITAL』当校のスクールが紹介されました/『週刊東洋経済』代表泉が取材協力しました/『日本経済新聞』当校について紹介されました/雑誌『BRUTUS』のお金特集を監修しました

私たちのこだわり

絶対的な中立性

私たちは、多くのマネーセミナーやマネースクールのように、投資信託や保険、不動産を販売することを目的にしていません。販売も紹介も一切行わず、中立的な立場で「本当に価値のある」知識とノウハウを提供すること。このことに徹底的にこだわっています。
この創業以来20年間変わることのない「絶対的な中立性」が、多くの受講生に支持されています。

アドバイザリーボード

当校では、バランスの取れた多様で中立的な意見・提言を得ることを目的として、各分野における有識者で構成されるアドバイザリーボードを設置しています。それぞれの専門の立場から、ファイナンシャル教育のあり方や、当校の運営などについてアドバイスをもらっています。

  • 竹中 平蔵

    竹中 平蔵

    慶應義塾大学名誉教授

  • 岩井 重一

    岩井 重一

    弁護士
    元東京弁護士会会長

  • 漆 紫穂子

    漆 紫穂子

    品川女子学院 理事長
     

  • 森本 美成

    森本 美成

    元野村證券顧問
    元ジャフコ専務取締役等

ページトップへ