見たい!聞きたい!

デジタルオープンキャンパス

ファイナンシャルアカデミーが
どんな学校か見てみよう

学校案内
(スタッフの想い)

ファイナンシャルアカデミー「スタッフの想い」

■ 認定講師 山村欣孝

ファイナンシャルアカデミーと、みなさんをつなぐ「架け橋」みたいな存在です。

講師をしています。特に、入学前の受講生に対する講演をおこなっています。
やっぱり、受講生から「すごくよく分かりました」と言われた時に、すごくうれしくなります。
多くの人の「きっかけ」になるような仕事ができたらな、と思います。

■ カスタマーサービス 小島夏樹

受講生の「マネージャー」みたいな。1番近くで見守る存在、助ける存在ですね。

受講生からの問い合わせに、メールや電話でお応えをしています。
教材の発送も担当しているんですけどとあるSNSで「申し込んだら、すぐに教材が届いた」という書き込みを見つけて
それが、すごくうれしかったです。

■ 教室運営 宮下康宏

いつもいる人です。「番人」ですね。教室の番人。

例えば、受付とか帰る時のフォローであったりだとか受講生のみなさんが、授業を安心して受けられるようにと言ったら大げさかもしれないですけど、そういう業務をメインにしています。

受講生の笑顔というのは、授業が終わった後に授業の理解が進んでると、受講生の皆さん自然と笑顔になって帰って行くんですよね。
やっぱり、それを見ると僕も自然に笑顔になって、うれしくなってしまいます。

受講生と同じような気持ちで「今日どんなことを学べるのかな」とか「今日は、どんな話が聞けるのかな」とか同じようなワクワクした気持ちで、教室に立ってます。

■ 広報 中川真由子

一言で言うと、受講生の「応援団」です。

ファイナンシャルアカデミーで学ぶことの価値をひとりでも多くの方に届け、それを応援することです。
実際の受講生の声を届けるために直接インタビューをしてそれを記事にして、ホームページに公開したりもしています。

嬉しくなる瞬間は、「ファイナンシャルアカデミーで学んでよかった」と実感してもらえることです。
例えば、企画したイベントに参加した受講生が帰る時に、晴れやかな表情で帰られると「開催して良かったな」って思いますし、実施後のアンケートとかでも、「参加してよかった」とか「モチベーションが上がった」と言うな声をいただくととってもやりがいを感じます。

受講生の立場に立って考えて本当にためになる「お金の教養®」を届けられるようこれからも頑張ります。

<新型コロナウイルス感染症に関する対応について>

2021年6月22日追記

当校では、受講生および講師・スタッフの安全・安心を最優先に考え、政府・東京都の最新の方針に則り、教室定員を緩和し、感染予防・拡大防止策を十分に講じた上で教室での講座を開催・運営しております。

取り組みの詳細についてはこちらをご確認ください。

株式会社FinancialAcademy
代表取締役 泉 正人

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

ページトップに戻る