ホーム 採用情報 社員の声

Voice07

Matsumoto Mihoko 松本 美帆子 2017年6月入社 カリキュラム部カリキュラムエディター

この会社は必ず成長するという強い予感。
そのうねりの中で自分も成長したいと思いました

自己紹介

静岡県出身。総合出版社の雑誌編集長を経て、ファイナンシャルアカデミーへ転職。雑誌編集長時代には社長賞を獲得。ファイナンシャルアカデミーのオウンドメディアのコンテンツ制作、教科書制作、書籍出版プロデユースなどに携わる。

なぜFAへ転職しようと思ったのか

前職で「吸収したいことは吸収した、時は来た」と感じ、クリエイティブをもっと発揮できる環境を探していました。事業内容そのものが社会貢献的であること、教育に興味があったこと、自分のキャリアが活かせるのではと思ったことなどが大きな理由です。これからこの会社は必ず成長するという強い予感がしたので、そのうねりの中で自分も成長したいと思いました。

FAのいいところ

毎日スポーツをしているような感覚で気持ちよく仕事ができます。あまり、ネガティブなことを言う人がいないので、常に前を向いて仕事ができる雰囲気です。成長している会社の常として仕事はスピード感があり忙しいのですが、タスクを押し付け合わず、自然に力を出し合っているところも素敵だなと思います。部署関係なくクリエイティブな社員が多いことにも驚きました。

仕事の内容

・教科書の編纂(へんさん)
時代の追い風を受けて次々と新しいスクールが開校するので、教科書も増え続けています。その他、制度の説明書や学校案内なども手がけています。
・学校案内や冊子の企画・編集

この仕事のやりがいと厳しさ

知識が不足していると、自分で判断が下せませんし、他人に頼らなければならないことが多くなり、自分の時間で仕事を回すこともできません。私は編集作業や取材、スタッフへの指示などは慣れていますが、「お金」の分野ではルーキーです。教科書を作る場面では、自分の力不足をひしひしと感じていて、毎日勉強を続けています。でも、お金の知識は自分の人生にも必要なことなので、役得かなと思います。

部署の雰囲気

ひとりで取り組む作業が多い職種ですが、その割に理屈っぽくないというか、素直な人が多い部署です。スクール運営チームともコミュニケーションしながらコツコツまとめ、「誠実」に仕事をしています。

1日のスケジュール

9:00
出社、メールチェック
9:45
SNS投稿セット
10:00
定例ミーティング
10:30
ミーティング課題消化
11:00
ライターへの原稿発注・整理
14:00
ミーティングタイム(来客対応など)
14:30
自分担当の原稿作成・企画書作成など作業時間
15:00
チームの進捗確認
16:30
翌日の準備(連絡関連)
17:00
退社(子どもが小さいため、現在時短勤務中です)

10年後は・・・

一生に一度ぐらいは起業したり、経営したりしてみたいなと思います。「編集のような」楽しい仕事が一生続けられたら、嬉しいです。

こんな人がこの仕事やこの会社に向いている

  • 会いたい人がいる、知りたいことがあるというモチベーションが高い人
  • 自分の知り得たことを、どう表現したら人に通じるかを考え抜ける人
  • 小さなことでも追求し、それを俯瞰して見られる人
  • タイムマネジメントができる人
  • 次の手を考えられる人
  • 整理整頓が得意な人

お金とは?

「お金とは、
愛をふくよかにするもの。」