ホーム 採用情報 社員の声

Voice06

Yamamura Yoshitaka 山村 欣孝 2014年1月入社 金融経済教育部講師・スクールアドバイザー

受講生として通い始め、
「伝え手」の一人になりたいと転職を決意しました

自己紹介

兵庫県出身。大手IT企業にて戦略営業職やコンサルタント職を経験。働きながらお金との正しい付き合い方を学ぶためファイナンシャルアカデミー受講生へ。資産運用を中心にお金の教養を学び、自分の周りの人にもお金の教養を伝えるためファイナンシャルアカデミーの講師へ転職。品川女子学院高校の授業や有名企業への研修など、様々な講座を担当。

なぜFAへ転職しようと思ったのか

元々は将来のお金の不安をなくすために受講生として通い始めました。今まで自分の周りにはなかった「お金」について学ぶ環境がここにあることに非常に感銘を受け、自分もその「伝え手」の一人になりたいと思い転職を決意しました。

FAのいいところ

メンバーの誰もが、前向きで非常に良い人です。社員一人ひとりのお金の教養が高く、誰もが尊敬できるメンバーであることが何よりも素晴らしいところだと思います。

仕事の内容

・講師、新講座や新スクールの企画・運営等
日中は講座やスクールなどの企画運営に関しての業務が中心で、夜は講演がほとんどです。講演終了後は、初めて「お金の教養」を学んだ受講生から非常に多くの感謝の言葉を聞くことができるのも大きな魅力だと思います。

この仕事のやりがいと厳しさ

自分の長所を最大限に活かして仕事に取り組めることが、なによりもやりがいになると思います。ときには困難であると思われる目標が掲げられることもあり、そんなときは厳しいなとも思いますが、そのために何をするのか?を常に考え、自分の能力だけで解決できなければ、周りの手を借りて協力しながら目標に向けて仕事ができ、非常にやりがいを感じることができます。

部署の雰囲気

比較的に若い方が多く、20〜30代が中心なのでいつも賑やかな雰囲気です。ミーティングでも笑い声が起こったりと非常に良い雰囲気の部署だと思います。
一人ひとりが仕事に真剣に取り組んでいるので、ミーティング時の意見もかなり活発に出てきます。全員が協力しながら一つの仕事(目標)に取り組む姿勢はファイナンシャルアカデミーの文化を非常に色濃く写しているといつも感じています。

1日のスケジュール

13:00
出社
13:30
新スクール立ち上げミーティング
15:00
新講座作成打ち合わせ
16:00
定例ミーティング
17:00
講演準備
18:15
講演
23:00
講演事後処理
23:30
退社

10年後は・・・

10年後、ファイナンシャルアカデミーはもっと当たり前に多くの方にとって身近な存在のの学校になっていると思います。会社も今よりもっと大きな規模になっていると思うので、マネジメントに従事しながら、10年後も変わらず講師として皆さんの前に立ち、様々なお金の知識を伝えていければと思います。

こんな人がこの仕事やこの会社に向いている

  • 勉強意欲が強い人
  • 客観的に厳しく見ることができる人
  • 「人にやさしく、自分に厳しく」できる人

お金とは?

「お金とは、
誰かから見た信頼。」