ホーム 採用情報 社員の声

Voice03

Ohsawa Takeshi 大澤 健 2016年2月入社 マーケティング部マーケティングプランナー

時代に合った最適なマーケティング手法で
お金の教養を広めていきたいです

自己紹介

新卒で学習塾を運営する会社に入社。インターネットを通じた映像授業の配信や英単語を高速で暗記するための学習システムの開発などを担当。新たな知識を得ることが好きで、趣味は勉強すること。現在は週に一回ワインスクールに通って、ソムリエ受験生たちと肩を並べてワインの勉強をしている。投資においてはFXと仮想通貨を研究中。

なぜFAへ転職しようと思ったのか

学生の頃に代表の泉の著書を読んで、「お金について勉強する」ということに興味を持ち、実際にファイナンシャルアカデミーの体験講座も受けてみて、より一層金融経済教育に携わることへの想いが強くなったからです。新卒の就職活動の際にも入社を希望しましたが、その当時はまだ社員数10名未満の会社だったため新卒採用は行っておらず、残念ながら希望は叶いませんでした。その後、教育サービス業のキャリアを一社経験したのち、満を持して転職をしました。

FAのいいところ

社員一人ひとりが「お金の教養」の重要性を理解しているところです。自分たちが提供する教育サービスの社会的意義や重要性を誰よりも深く理解しているからこそ、それをより多くの人に広めたい、さらにより良いサービスを作っていきたい、というチーム全体の一体感につながっていると思います。

仕事の内容

・デザイナーさんと相談をしながら広告クリエイティブの作成
常に3種類のパターンを競わせながら、隔週でパフォーマンスの最適化を図っていきます。
・ランディングページの制作やABテストによるパフォーマンス改善
・実際の入稿作業やレポーティング作業等
広告代理店さんにアウトソースして進めています。広告代理店のメンバーと良いチーム関係を築いて、成果を出していくことが求められる仕事です。

この仕事のやりがいと厳しさ

デジタルマーケティングの仕事は、これ以上ないくらい結果がはっきりと数字で表れます。それがやりがいにもなりますし、厳しさでもあると思います。マーケティング部の仕事は、会社全体の中ではリレーの第一走者の役割を担っていると思っています。金融経済教育を広めるべく、後ろでバトン(新規受講生)を待っているメンバーのためにも、第一走者であるマーケティング部は絶対にコケられない……という緊張感があり、そこに責任とやりがいを感じています。

部署の雰囲気

20〜30代の若手が中心で、チームとして知識も経験もまだまだ足りていません。そのため、一人ひとりが成長することでチームに貢献していこうという雰囲気があります。例えば、マーケティング業務の経験が乏しい若手社員が入ってきたときには、週に1回デジタルマーケティングの勉強会を開き、最後はメンバー全員でネットマーケティング検定に挑戦するなど、自己成長を楽しみながら仕事に取り組む雰囲気が作れていると思います。

1日のスケジュール

10:00
出社。メールチェック、一日の仕事を確認、チームメンバーに日報を送信
11:00
前日の広告運用データをチェック
12:00
広告代理店さんと打合せ。運用状況の確認と今後の運用施策を決定
14:00
グラフィックデザイナーさんと打合せ。広告クリエイティブを作成
15:00
ヒートマップを使ったサイト分析など行う
16:00
ランディングページの修正案についてチーム内でブレスト
17:00
ウェブデザイナーさんにランディングページの修正指示を送る
19:00
チームメンバーに日報を送信、退社

10年後は・・・

デジタルマーケティングの仕事自体は、AIによる自動最適化が究極的に進むと、10年後には人間がやる仕事はほぼなくなっているかもしれません。ただし、お金の勉強を義務教育と同じレベルで日本人全員が学ぶことがマーケティング部の最終ゴールだとすると、手段は変わっても、その時代その時代に合った最適なマーケティング手法を用いて「お金の教養」を広める活動に携わっていたいと思います。

こんな人がこの仕事やこの会社に向いている

  • 変化を好む人
  • 柔軟であり続けられる人
  • 謙虚に学び続けられる人

お金とは?

「お金とは、
自分を高める道具。」